桟橋に係船する時の 縛り方

最近は寒くて ロープも凍ってしまいます。こんな時 普通の縛り方では 堅く絞まった上、凍ってしまい ほどけません。 漁師さんが 使う 堅くしまらない ほどきやすい縛り方を 知って置いてください。
「ローリングヒッチ」(別称:「漁師結び」)という舫いを行う。
金具へのロープの初期舫いを左記の様に一捻り(ヒトヒネリ)し、その後、その上部に元綱の下に手綱を通す。
※ロープが張っていても容易にロープを外せ、円筒形係船金具への理想的な舫い方。

ちなみに 大型貨物船なんかの着岸方法も 見て置いてください。船員が 声を掛けながら 作業を進めます。あなたも 船長になって 声を出して 進めてください。(笑)



21日 強風が吹いていますが 海に出られない時の ワンポイントレッスン。
今日は ラインの結び方 (フィッシング マルヨシさん)からパロマーノットについて

金属のアイに対する結びの中で絶対の強度と信頼と、ほぼ100%近い強度値を示してくれる。しかも、だれにでも簡単に結ぶことが出来ます。


Kon-chanも タラコできました。

海に出られない時の ワンポイントレッスン。
今日は 4サイクルと2サイクルについて

わかりましたか?
 ピストンが下に下がって 燃料を吸い 上に上がったとき爆発するのが 2サイクル

ピストンが一度下に下がって 次に上に上がるとき 一度排気ガスをきれいに出し、
次に下がったときに 燃料を吸って 2回目に上がったとき 爆発するのが 4サイクルです。

だから なんだかんだ で 4サイクルは クリーンで効率が良いのです。(笑)
それで 船外機のエンジンは 1分間に 6000回転くらいしています。でも
図でわかりますように プロペラの前には 歯車が付いていて これで 回転を半分にしています。ですから プロペラは 約3000回転まわっています。
船外機の種類によっては この半分の割合がかわっていて 例えば エンジン2回でプロペラ1回のところを エンジン3回でプロペラ1回の割合にすれば それだけ パワーがあるから 大きなプロペラが 回すことができますね。

だから 違う馬力のエンジンで 同じ大きさのプロペラを使うこともあるんです。


流し釣りには シーアンカーや バウモーターが一般的ですが 
ヤマハでは スパンカー と 補機の利用も 提案しています。

スパンカーとは。    操船のコツ 補機操船とは   流れ方は