どうやら 我々はすごい時代に居るようです
BGMに 「遠き昭和の。。。」

えとも無線クラブのJAコールの先輩達が、モールスキーを打つスピードを競争して居た時代には、1分間に20文字くらいの通信でした。
75文字打てたら神様の存在とか。


ツーとトンの2種類で、Aの文字が5バイト、Bの文字が9バイトという世界です。20文字だと200バイトくらい。

バイトとはモールスの ひと叩きだと思えばいいかな。
1分間200バイトの時代

200個
ちょっと前までは 黒電話(3.2k)がプッシュホンになって、デカイ自動車電話ができ、インターネットがアナログ回線でつながりました。

この時代を第1世代 つまり1ジェネレーション 1G と表現してます。


2000バイト/秒

2000個
メールが使えるようになり、ISDN(64k)が出て、早いと言われたスピードが200ー400KBバイト


ドコモムーバの時代でこの世代を第2世代 つまり2Gと読んでます。このあと、2001年21世紀になってすぐデータ通信が始まり、飛躍的に通信量が増えます。

200kだから200×1000個

20万個/1秒
光通信になり、携帯電話もフォーマが使えるなった。光通信のスピードが幹線では80mbpsくらいはあるようですが、電信柱を伝わって屋根裏に入る頃には、せいぜい半分、それを無線ランで飛ばすとさらに半分で20mbps、それを私の古いパソコンで受けると、8mbsとなります。高速道路をN360で走る感覚です。
携帯電話でその半分くらい、アイホンで4MBです。

ドコモホーマの時代でこの世代を第3世代 つまり 3Gと読んでます


8m
メガって何って聞いたらキロの千倍
8×100×1000×1000


80億
そして、今、3,5Gの世代になりました。
携帯電話の無線スピード技術が進み、昨年当たりからホーマハイスピードが14mb、AUのWi-Fiが9mb、ソフトバンクのウルトラが21mbとなりました。

携帯電話が光のパソコンを抜いた瞬間です。


ただ、この数字は携帯電話の能力です。つまり、エンジンは強力でレース場では時速300キロは出せるけど、高速道路では100キロ、町の中では40キロしか走れません。
あとは、各社 無線柱をどのくらい建設できるかですね
20mbだから、20×1000×1000×1000
200億個
タダし、性能の話し。
これからは3.9世代に入り、auのWiMaxが最大40mb、ソフトバンクのHspaが最大14mb可能となりましたが、、実質3mbでも、快適だと言われているから、もう十分なのでしょう。 (でも、ヨドバシで試しアイホンで動画みたら、止まったけど、おかしな、、、、)

ドコモの最新Xiが70mハイスピードがあるそうですが、使える地域が東京都心くらいとか。Auが全国都市9割の地域とか言っていますが、正確にはわかりません。(1月26日都内で パンク事故あり)
3社のスピード比較が載っているサイトです。

実際に、周りに飛び交っている電波は2とか5mbpsかな

今後はどうなるのでしょう。
韓国サムソンのギャラクシーが、入ってきたように、戦いは世界的になってきましたね。おそらく、無線通信は人工衛星から来るようになり、携帯電話も国内3社ではなく、世界から販売されるようになり、すでにグーグル自体も販売会社です。グーグルなら衛星を飛ばして、通信無料の時代がくるかも。(笑)

でも、高性能は使いこなせないから、お年寄り・奥様でも使える、簡単に、電話、メール、ネットが出来るだけのが欲しいですね。キーを触らずに、「今日の風予報は?」 とか 「サケ釣りの動画が見たい」 と言えば、見れるとか、 「家にメール」 と言ってから、 「これから帰るから 風呂沸かしておいて」  と言えば、メールをうってくれるとか、ボタンの無い そんな携帯電話 発売されないかな。








新型スマトホンは 電話帳は数千件 着信記録も数百件も

プロバイダをやめても、グーグルのGメール とAUのアドレスがついてきたので、心配なしです。

ほかにも、
この携帯電話は、電話帳件数がたくさん登録できるのも、取り替え理由のひとつです。

実は、自分の携帯には、お客様の電話番号が1000件入っていて、前の携帯電話は最大千件だったので、、これ以上 追加登録できなくなり困ってました。

そこで、いろいろ 探していたら、この携帯は、内蔵メモリーが2ギガあって、いくらでも入るとのこと。販売店で、電話帳1000件の引っ越しをしてもらいましたが、30分くらいかかって、途中で、電池が無くなり、大変でした。

あと、同じ2ギガのメモリーにメールとか、着信記録も記録されるので、いくら入るか わかりません。
今のところ、20日分 約150件の電話着信が記録されていて、日付とか、何日前とかの表示もあり、簡単にさかのぼって 電話できるので、とても便利です。

さらに、取り外しのできる マイクロSDカードが2ギガ ついてきました。このSDカードは最大 32ギガまでに変更できるそうで、映画や動画なんかも 記録できそうですね。

マイドリームさんのマグロ動画も記録できるかな(笑)

風呂に入って、インターネットでホームページを開き、
ユーチューブ(演歌)で音楽を聴きながら のんびりしています。。
カメラが湯気で曇ってます。



今回は、経費節減のため、 購入しました。

昨年12月に発売されたこのタイプは、インターネット見放題と電話とメールで 月 7600円です。
しかも、無線ルーターを兼ねていて、、パソコンにも無線を供給し、パソコンでもインターネットを見れます。(テザリング と言います。)

そうすると、パソコンを見るために、今まで契約していた光フレッツADSLがいらない。プロバイダーもいらない。

今までのNTT光フレッツが月5460円、プロバイダーが月1890円 これらがいらない。
そして、携帯電話通話料など毎月引落が月7000〜9000円でしたから、合計15000円あまりの毎月支払いが 半額になります。
ウイルス対策も月300円でOK。

本体価格も実質ゼロ円、始めに値引きがあり、残りも2年間で払うんですが、「購入より2年間の割引サービス」というのがあって、割賦金が1000〜2000円も値引きとなり、このタイプでも、最終的には今までの通話料に1000円の上乗せで 済むことになります。。

パソコンでのインターネット接続は
携帯電話の設定で、テザリングを有効にしておいて、パソコンでインターネットを見ると、自動で接続してくれます.
古いパソコンでは、コントロールパネル・ネットワークと進むと、使用可能な電波リストが現れ、選べます。
左が、今までのNTT無線ルータ、右が携帯電話のWi-Fiテザリングです。通信速度はどちらも、54Mbpsで同じ。。ユーチューブの動画もスムーズです。しかも、何台でも見れます。

最近のは、Wi-FiのMAXという方法が追加され、さらに早いです。

携帯をテレビにつないで、大画面で動画を見れるケーブルも、1000円くらいで買えるようで、パソコンが無い方も、テレビ大画面で見れます。
おそらくキーボード、マウスもつなげるようになるでしょうから、外では、携帯、家ではテレビでインターネットという節約ができそうですね。
いよいよネットテレビ局の時代がきます。

インターネットがさらに、安くなり、たくさんの人がインターネットの恩恵を受けることができるようになりますね。
この東芝製の携帯には、電話と インターネットパソコンと無線ルーターとテレビ、音楽、カーナビ、GPS、財布、定期券カード などなど なんでも入っています。セブンイレブンのカードも、ヨドバシカメラのカードも入っています。しかも防水。

これに」対して、海外製スマートホンは、防水や多機能が少なく、インターネットが幾分早いという特徴が有るようです。

使い方が多すぎて、年輩者には使いこなせないので、近くの販売店で買って名刺をもらい、使い方を教えてもらいに 通ったり、電話で聞いたりしています。
そういえば、聞きに来るおじさん、おばさんが多いです。

メールのひらかなを打ち込んでも、勝手に、すぐ変換されるので、販売店に頼んで、遅く設定してもらいました(笑)。手書きも、音声入力もあるのですが、まだ、使いこなせません。



1月21日 波高く、白老遊漁船団は9時切り上げたとか。マスは3匹/10隻
クラブのAさん、棚20mでサメにバケ、仕掛け一式とられ、切り口はギザギザ。
ラメフロートは マスも来るけど サメも来るとか(笑)。




戻る