21年9月21日 横浜に行ってきました。
千歳を離陸すると すぐ 支笏湖が 見えます。
苫小牧西港の上から イチロ 羽田空港へ、
房総半島から。東京湾を横切ると 下に 東京湾横断道路の海中トンネル入り口 海ホタルが見えます。
これが 横浜 ベアサイドマイーナの入り口です。中のレストランのメニューや、ノボリ、花壇などで とても にぎやかです。周りをショッピングモールで囲まれているため、一般のお客様がマリーナ内で楽しんでいます。
マリーナの中が一般に開放されていて、誰でも、この雰囲気を楽しむことができます。
海へ出るには、ゆっくり 超微速で 港口へ向かいます。港内のスピード規制がとても厳しく、波を立てると 大きなスピーカーで注意されるそうです。
室蘭では、スピードを落とさず、港口を通過してくるボートが多いですが、、、、、・。(笑)
マリーナへ戻るときには、防波堤に「港内最徐行」との看板が防波堤に張っています。
これがあるだけでも、スピードを落とそうと 思いますよね。
大きなボートですね、矢沢栄吉さんので、これで良く小樽へ来られるとか、
ちなみに、料金表です。あなたの23FTなら年間42万円いただきます。(笑)
たくさんの人が、ボートを買いたくて、マリーナを訪れ、、、、、価格を聞いて あきらめて帰っていくそうです。

絵鞆船だまりだと、11万ですから、ありがたいですね。しかも、絵鞆では ボートに乗用車を横付けして、釣り道具や、イカ満杯の重いクーラーを積み込めるなんて なんと ありがたいことか。

私たちは、横浜マリーナのオーナーより 贅沢をしているのかも しれませんよ


ヤマハの新型?
フラフラ 歩いていると こんなボートを見つけました。
ヤマハの23フィートのようですが、見たことがありません。
後ろに ドアが付いています。その横に リモコンを付けるボックスまで。
デッキ周りは変わっていませんね、エンジンも90馬力だから、150は付かないかな
どうやら ヤマハFW23 カデイの新型のような、、、、。
屋根も 別付けになって、 なんか高級感がありますが、きっと 価格も高級感があるんでしょうね。(笑)



業務連絡: GPS取り付け完了
GPS漁探つきました。サケが跳ねているとのことで、至急で工事しました。
ご希望のスペシャルデータをインプットしておきました。







戻る