初めて ボートを買う方の 質問集中古ページ

検査費用など、中古艇購入の際に必要な費用は?

  • 一般的に、ボート購入時にかかる費用としては次のようなものが考えられます
    船体価格
    エンジン価格
    エンジン取り付け費用 (バッテリーなども含む)
    法定安全備品費 (救命胴衣やアンカーなど)
    船舶検査費用 (大きさによって変わります)
    進水諸経費(マリーナに艇体を一時保管してもらう費用やクレーンの使用料、慣らし運転の燃料代、進水引渡しの立会など)
    運送費 (お客様の希望される場所までの運送)
    保管費(含む船台費)
    備品購入費(法定備品以外のもの)
    保険料 (任意)
    消費税 (5%)
  • 中古の場合には検査がまだ有効であったり、すでに必要な備品がついていたりするので、かなりの費用を節約になることができます。
    またエンジンがすでについているので取付け費用も必要ありません。 
    これらに替わる費用として
    点検美装費用名義変更費用 があります
  • 購入の際には、販売業者からこれらすべての費用を含んだ見積書を貰って検討する必要があるでしょう。
     後から思わぬ経費が発生し、予算オーバーで頭を抱える事にならないようにしたいものです。

 ボートを購入する際に,実印や印鑑証明書が必要と聞いたのですが

  • ボートには 検査と登録の ふたつの手続きがあります。。
  • 新しいボートには 定期検査が必要で これは 6年ごとに行います。また、中間の3年目に 中間検査を受けます。購入されるボートの検査期間が 過ぎている場合は このいずれかの検査が必要になります。
  • 検査費用は 定期検査が24300円 中間検査が 14900円です。(5m以上 10m未満の場合)
  •  中古のボートを購入した場合は 名義変更のための 書き換え申請を行います。費用は4350円です。

  • 地方からの 購入の場合は 航行する区域が変わりますので これも 書き換えが必要です。
  • この場合 船体を見てもらうために 臨時検査が必要な場合があります。
  • 詳しくはJCI(日本小型船舶検査機構)にお尋ね下さい

  • 平成14年4月から新たに登録制度という法律が施行され、小型船舶の所有も、国に登録する事になりました。 
    従って、新規に船を購入する場合や、売買などで名義を替える場合などは、登録の対象になり、売る人も、買う人も、実印と印鑑証明が必要になります。
     また、それに伴って、登録費用を支払うことになります。
    今まで、新しいボートを購入する場合は 新規に登録費用として8,900円となっています。
  • 中古艇を買って 名義変更する場合は 2950円です。
  • 買いたい中古艇が、単独所有か、共同所有か十分に確かめてから買うようにしましょう
    詳しくはJCI(日本小型船舶検査機構)にお尋ね下さい

 船の保険はどんな種類がありますか?

  • ボートやヨットの保険としては「ヨット、モーターボート総合保険」という種類の年契約保険があります。
    詳しくは損害保険会社又は販売会社にお問い合わせ下さい。
    保険の内容は「賠償責任保険」「船体保険」「搭乗者傷害保険」「捜索費用保険」などに分かれています。
    保険料に関してはボートの大きさ、特約をつけるかどうかなどによって変ってきますので、ヤマハ保険サービス社にお尋ね願います。

 船底塗装が「あり」とか、「なし」とかはどういう意味ですか?

  • 船を港とか,河川に繋留する場合は、藻やカキ殻の付着を防ぐために、防汚塗料を塗る必要があります。
    中古情報に船底塗装が「あり」と記載のある場合は、繋留していたことを意味すると考えられます。
    防汚塗料は季節によって違いますが、概ね半年に一度、塗りなおすことをお勧めします。
    「なし」と記載されている場合は、マリーナなどに陸置きしていたか、船底塗料を除去したことが考えられます。
    スピード性能も、美観も船底塗装がない方が好まれますが、繋留する場合は、塗装することが必要条件です。

 軽油は免税で購入できるそうですが、手続きについて教えて下さい

  • ディーゼル船の燃料の軽油は免税手続きをすれば、ガソリンスタンドで、免税軽油を購入できます
    用途はその船の燃料として使用することに限定されます
    手続きは、各都道府県の県税事務所、軽油取引の免税受付窓口(間接税課)に申請してください。
    窓口に所定の申請書がありますので、本人が申請をします
    その際に持参する書類と準備事項として、次のものが必要です。
            1.船の検査証とボートの写真(船名の写ったもの) エンジンの写真
            2.認め印
            3.購入予定のガソリンスタンド名
            4.6ヶ月間の軽油使用予定量
    手続きが終われば、1〜2週間で免税証が交付されます
  • 都道府県によっては、販売証明書を求められる場合があります。
  • 軽油購入の際にその免税証をスタンドに渡します。 軽油取引税は 1リットル....32円10銭です

 燃料がガソリンの場合は、申請しても免税されないのですか?されるのであれば、一般人(趣味で船に乗る人)でも免税されるのですか?

  • 軽油の税金は道路使用税という税金で 道路で使用する以外免税される制度dる。もちろん 、レジャー用でも免税申請が可能です。ただ、給油時の記録とか 6ヶ月ごとの手続きが たいへんですので 使用量が少ない人は おすすめしません。
  • ガソリンの場合は、揮発油税という税金ですので、使用目的にかかわらず 課税されます。

 中古艇を買いたいが運送費はどのくらい必要ですか?

  • 当社の中古艇は アフターサービスが できる範囲に 限っています。
  • ただ、整備されたマリーナで サービス工場があるところとか、ご自分で 誰かサービスのできる方が居て アフターサービスの心配ない方は 相談に応じています。
    やはり気になるのは運送費ですが、
  • おおよそ 100km以内であれば 5万円前後 道外の関東地方であれば 30万円くらいです。 
  • フライングブリッジ付の艇やヨットは、トレーラーが必要になりますので割高になります
    現地での積み降ろし費用が必要になる場合もあります(海面が道路から離れている場合など)

 中古艇を検討していますが、今持っている船を下取りしてもらえますか

  • お持ちの船の下取りは可能です。
    船の概要をご連絡いただければ下取りの査定を致します。詳細は現物を見せて頂くことになります

 支払いはクレジットでも可能ですか?

  • 中古艇の場合、通常は契約時に現金支払いをお願いしております。
    クレジット支払いの場合は、手続きに日数を要することがありますので、書類をお早めに頂ける場合は、ご希望により、クレジット支払いもお受けできます.
  • クレジット、ローン支払いの場合でも、名義変更や登録に必要な費用、運送費用などは契約時に現金にてお支払い頂きます。

 中古艇は,どの程度整備してあるのですか? 保証期間はないのですか?

  • 中古艇、中古エンジンは一般的に保証制度はありません。新艇で進水し1年以内でも、転売された場合には、その時点でメーカーによる製品保証は中断されます。

 中古艇情報の中で、「夜間航行不可」いうものがありますが、これはどう言うことですか

  • 船舶検査を受ける際に、航海灯の装備をして、夜間航行をする旨の申請をすれば、夜間航行が出来ますが、灯火の設備が無く、夜間航行する旨の申請が無ければ、検査証書には「夜間航行を禁止する」と言う1項目が記載されます。
  • 夜間航行が不可のなっている船を夜間航行できるように変更するには、航海灯の設備をして、臨時検査を受ける必要があります。 検査費用は5,600円と代行料がプラスされます。

 エンジンの形式ですが、日産のNS,NV,BF、ヤマハのF,Yの意味(ガソリンか、ディーゼルか、2ストロークか4ストロークかなど)を説明していただけますか。

  • 日産の船外機にはNS90、NV140などがありますが、これらは2ストローク船外機です。
    BF130などBFが最初に付く船外機はホンダのOEMで4ストローク船外機です。
  • ヤマハはY140などYが最初に付くのは2ストローク、Fが最初に付くのは4ストロークです。
  • 船外機はすべてガソリンエンジンと考えて良いでしょう。

 GPS魚探付の中古艇で地図カードの入替え費用が必要と言われましたが、どのくらいの費用が要るものですか?

  • GPSには、位置測定機能(GPS)と、画面上に位置を表示する機能(プロッター)がありますが、位置を表示する機能には予め地図が読込まれています。
  • プロッターには日本全土の地図がラフな形で入れてあり、その中から実際に使用する場所として、10ブロック程度に分割した詳細地図の一部のみが、付加して組み込まれています。
  • たとえば、北海道で主に使うということで購入されたものは、北海道の詳細地図が読み込まれているので、その船を関東で使うことになれば、太平洋側の詳細地図に入替える必要があります。 
    入替えには普通、機器をメーカーに送って入替えするタイプと、カードのみを入手して現地で入替え出来るタイプとがあり、それぞれで費用が変わります。
  • 前述のメーカーで入替えのタイプで、2〜3万円前後、 カードのみを購入して入替えの場合で、3〜5万円とメーカーにより幅があります。 詳細は販売店にお尋ねください。

 置き場所をどうするか考えていますが、マリーナでの陸置きのメリットは?

  • マリーナといっても陸置きか海上係留かを選ぶことになりますが、それぞれにメリット、デメリットがあります。 お尋ねの陸置きについて説明します。
     メリット
    ・台風や風水害にもかなり対応されており、安心できる。
    ・いつもエンジンや艇の水洗いが出来て、いつまでも船をきれいに保てる。船底塗装が不要でもある。
    ・陸置きでも係留でも、マリーナであれば、作業やメンテナンスを頼めるメカニックが近くに居るので安心。
    ・駐車スペースが確保されている処が多く、また、レストランや休憩所もあり、くつろぐ事が出来る

    ・セキュリティに配慮しているところが多く、外部からのいたずらや盗難などの心配が軽減される。
    ・情報交換や仲間作りが容易であり、沖に行っても心強い。


戻る