14年9月12日横浜で こんな斜路システム見つけました

石狩に遊漁船施設の話がありますが、ここを見た時に こんな施設ができればなあ なんて頭に浮かびました。 横浜ベイサイドマリーナができる時に いままで河川河口を利用していた人たちのために 横浜市が造った施設のようです。
広い斜路に 桟橋、、、後背地は ボートヤードです。
保管場所は 縦横の寸法で2種類あり、料金が決まります。こちらが7mサイズ。
こちらが5.5mサイズ。 船台は買い取り制で トレーラー式にキャスターを付けて、格安にしているようです。
うらやましいような桟橋、これなら ボートを降ろしてから仮係留して、船台を戻せます。汐の満ち引きにも対応しており、夜間の仮係留も可能です。
ヤードの中の移動、斜路での上下げは この四駆車1台で行います。管理事務所にカギがあります。管理は漁業組合に 委託されており、夜間は閉鎖されますが、早朝出港する人は 前日に仮係留してもらうようです。
手前は一般のマリーナです。ボートヤードの隣は自動コイン駐車場になっていて、無人です。