19年1月5日 良い凪に スケソ釣りと 小さいマス

今日は北緯42度18分 東経141度16分の150m水深で スケソの反応が切れません。
でかいスケソの膨らんだ腹、子がイッパイでした。
このスケソは 目が飛び出したデメキンです。種類が違うのかな?  水圧のせいかな?
隣で釣るOさん、針数付いているとか。
オヤっ、向こうに巡視船が見えますね。
その横には トロール船も見えます。
巡視船がトロール船に近づいていきます。今朝 登別の漁船がスケソ積み過ぎなのか、転覆したそうで その関係で 作業を手伝っているのでしょうか。
昼前になっても まだ、周囲を回っていました。ソナーで何か捜しているのかな。
0さんのボートとすれ違うトロール船。
デカイですねえ。ぼつぼつ お昼のライセンス タイムアウト。これから トロール船のライセンス区域内操業が 始まるはず、さあ 危ないから 早く 帰りましよう。。
帰り道、地球岬横で ベルーガに追いつきました。今日、漁船転覆を発見して 海保に通報したのは ベルーガと 新聞に出ていました。お手柄です。
ほんでもって 私の結果。今日も スケソ釣りのマス毛針に マス一匹かかりました。ラッキー
スケソ10匹でこれだけ取れました。今日はまだお正月で プロは休日中ですので 私が捌きました。    疲れター
夜 テレビのニュースで映された転覆漁船。天気の良い日で良かったですねえ。逆に 波が無いので 大丈夫だろうと 無理して 魚の掛かった網を全部積もうとしたのでしょうね。網を全部引き上げないと 網を刺して帰れないし、他の船にも 迷惑掛かるし、、、いろいろ事情が有るのでしょうね。。。。。全員 無事で 良かったですね。




左のリンク欄に村越さんの日誌追加しました。昨年の話題を整理しました

7日 
登別海岸に うち寄せる波

大型低気圧からの波です。
こんな波を見ると 思い出すのが 昔 お世話になった70代のお爺さん。
その頃は もう 会社を後継者に譲り、御自分は川の清掃など町の美化運動に 力を入れていました。私がまだ、学生の頃で、免許取ったばかりでしたが、 アルバイトといっては 社用車の運転手をさせられ 道内各地に連れて行ってもらい、外の世界を見せてもらいました。。そのお爺さんが 晩年、体が思うように動かなくなった頃 良く 言っていたのが 「荒れた海が見たい、大きな波が見たい」という言葉。何回も電話が来て 頼まれたのに なかなか大波の日が無く 確か 見せることができなかったと 記憶しています。

まだ その年齢には 程遠いいので 想像するしかありませんが、、おそらく 、若い頃 創業者として ばりばり仕事をしてきた人にとっては 気力の衰えを そんな形で 嘆くしかなかったのかな と 想出します。。 
自分のやりたいことを やるには 引退してからでは 遅いのかもしれませんね。