19年1月3日 アグネスで 初釣り

朝7時。見事な 朝日が昇ります。
漁探に濃い反応が現れ、スケソ入れ食いの始まりです。針数付いてきます
141度14.5分ライン120m棚80m〜100m
時々 型のおおきなスケソが釣れます。
子が出かかっています。かえって 小さい型の方が 子がしっかり入っていました。
141度17分ライン150m棚120m〜130mに異動し、型の大きなスケソを釣ろうとして マス針に替えたとたん、一投目で 仕掛を下ろすと 途中 70mで降りて行かなくなり、巻くと 大きな手応えがありました。船長が その前に マスの反応が70mくらいで 見えると言っていたので 慎重にまき タモを用意して 釣り上げました。
良く見ると 頭に針が刺さっていて スレで釣れていました。1.35キロありました。  ラッキー
スケソは100匹以上。半分以上は 子が入っている腹です。
午前中 スケソを釣り飽きて 午後から シウハチカレイを狙ったOさんは 東経141度9分から12分の水深73mで 昼から40枚 くらい釣ったとのこと。

詳細は アグネス船長釣行記で

今日は 朝一番で マゾイは釣れるし マスは引っ掛かるし、今年は 釣り運が 良いようです。
帰り道 ヒネモスが 猛スピードで 追いかけてきて、、、、
アッと言う間に 抜いていきました。誰かお客さんが見えます。 張り切っていますね。。