業務連絡: 昨日言っていた スケソの捌き方です。
               ポイントは 包丁の切れ味です。

タラの捌き方
1.尾から頭にむかってウロコを引きます。金タワシを使っても簡単に引けます。 2.のど元とエラの付け根を包丁で切り離します。身を起こして頭の上から包丁を入れ、頭を切り離します。
3.腹を切り開いていきます。このとき内臓を傷つけないように浅く入れます。内臓を取り出し、黒い胆のうは潰さないように切り取ります。 4.中骨についているウキブクロをとり、内腹についている黒い薄い皮を手で剥ぎます。
5.中骨についている中の汚れと、血合いも包丁でかき出し、きれいにします。 6.腹をさらに尾ビレまで切り開きます
7.身を半回転させて背骨から包丁を入れていきます。何度かなぞるようにして背骨にあたるところまで入れます。 8.この時、尾の部分は切り離さず、最後に切り離します。半身を切ったらひっくり返して、反対側も同様に切り取ります。
9.最後に腹骨をていねいに削ぎ取ります。 資料は マルヨシさんからです。



2月1日ガーンひねもすさん 定量ですとー・

本日、23′ジャスト、水深110mで、タナオール90でした。
>ひねもす船長
ひねもすさんの画像が無いので 昔の画像を紹介します。平成13年2月16日の氷ずけのヒネモスさんです。