H22年2月17日 アグネス ソーハチ釣り

マスが不調なので、今日はソーハチ釣り。ポイントの大昭和沖83mに向かうと 船団が居ました。
後ろに 製紙工場が見えます。手前は勇払のヤンマー46かな
室蘭から FG35が到着、隣で 釣り始めました。
ソーハチはスケソ混じりですが、快調に釣れます。遠くにエルムさんも居ました。
スケソの超大物、真タラかと思いました。
大きさを比べるのにバケを置いて見ました。



暖かい日は オイル交換

朝、風が強く出れませんでしたが、、、、、
遊漁船の話しでは 沖は波があったとか。マスは遊漁船で 船中4−8本とか。




業務連絡: 2月20日2時 防犯カメラ 作動中

午後2時、皆さんでクレーン前を 雪かきをしていました。   ありがとうございます。




業務連絡:パスワード思いだしソフト見つけました。こちら

昔入れたパスワードが****で表示されていたのを、
パソコン取り替えなどで 入れ直すときに 思い出せないことがありますが、
そんな時に このソフトを****の上にスライドすればパスワードがわかります。
とすると、自分のパソコンを他人が見れば、パスワードがわかってしまうということかな?
皆さん、携帯電話を取り替える時など、残さないよう 気をつけてくださいね。


大波の画像 見つけました

フランスビスケー湾の水深約180mの地点で撮影された巨大波
写真は1980年、南アフリカを航行していた巨大タンカーで撮影された超巨大波、甲板の高さからして波は海抜25m以上であったことが推測されるという。



1995年2月、ロナルド・ワーウィック船長が舵を取るクイーン・エリザベス二世号は北大西洋の海上にて高さ29mの超巨大波に襲われた。「それは巨大な波の壁、、我々はまるで、ドーバーの白い崖に向かって突入していくようだった」ワーウィック船長はそう記している。

また2001年の二月から三月にかけ、南大西洋を航行していた豪華客船2隻の船橋(船の甲板から高い位置にある操船室)が高さ30mにも及ぶ超巨大波に襲われ、その後一隻がしばらくの間操船不能に陥ったという出来事が報告されている。

「これらの船はそうした超巨大波に遭遇しながら、幸運にも生還しましたが、実際には多くの船がそうした事故で沈没しています。現在でも毎週、平均して二隻の船が沈没していますが、飛行機墜落と同じく、原因は「悪天候」とだけ記録さている事からも明らかな通り、原因はまだ謎が多いんです



15日 ソーハチは20分83mで大型が150枚

14日は クラブのMさん、Tさんも エルムでマス釣り


2月14日 チョコレート も アグネス


戻る