19年5月6日アグネス GWの釣り

朝4時出港。地球岬で 朝日が昇ります。今日のポイントは この方向です。まさに 太陽に向かって 走ります。エンジン回転数を3500迄あげ、24ノットで さっそうと走ります。気持ちが良いですね。
ポイントに着くと もう 船団が固まっています。移動するボートが多いということは  群は 散らばって 小さいようです。
よく お世話になる 絵鞆の広覚丸さんです。スパンカーを見ると ヨットの帆ですね、好いですねえ。
クラブのMさんが 良くお世話になる イタンキ港の勝栄丸、船首に青い波切りマークがついているのは ヤマハ漁船です。


群が散っていますが、釣れなくなっても ちょっと移動すると 次の群に当たり 竿を2本出して 交互に上げると ほほ ヒマ無しで釣れました。午前8時 もう100枚以上釣ったので 船団を離れ タラ釣りに向かいます。
141度07分 水深60mのソウハチ場から 141度18分 水深130mのマス タラのポイントまで ですから 約10マイルあります。
30分ほど走って ポイントに着きます。まわりには ボートは見あたりません。 反応を捜し まず 1投目で Hさんが スケソ2匹と この小さなマダラが上げました。。
私も アセッテ 竿を振りますが 上がってくるのは スケソばかり。
遠くから 近づくボートが見え 終日さんが 来ました。スタイルの良いボートで 走っている姿は ホレボレしますね。
カレは タラ釣りの常連で、毎年 たくさん 釣ってきます。さっそく 近くで 始めたようです。ふむふむ ポイントはこの変で 間違いないな、、、、、。



終日さんに 先に大物を釣られると カッコつかないので 必死に竿を振ります。
天気が良く、暖かくて 上着は脱いでしまいました、
(メールで届けてくれた画像です。)
当たりがあり、すごく重いので すわ 大物と思いますが、まわりには 知らせず ニヤニヤしながら 巻き上げると スケソがスレで しかも ダブルで 付いていました。ガックリ

この後 釣れるのは スケソと スケソの子の姫タラとか ばかり。
それでも スケソより 小さくて 姫タラより大きなサイズ(笑)のマダラが1匹つれ、タラ ボウズは免れました。(笑)
ベテランの終日さんが 近寄って来て 今日は 反応も無いので 帰ります。というので 私たちも終漁。帰り道に ソウハチ場を通ると 船団のボートの数がずいぶん減っていて 大きな海保さんの巡視船が居ました。
あとで 聞くと ゴムボートが2隻 下ろされ 各ボートを巡回 中には 乗り込んで 調べていたボートもあったそうです。うちの仲間も 後ろめたいものは無いのだけれど 気持ち悪いから すぐ 帰ってきたと 話していました。

海保さんに勘違いされると困りますが、違反しているから 逃げるのでは ありません。 近くに来られると イヤだから 離れるボート 帰るボーとが多いということをわかって欲しいですね。。
何もGWの最中に、、、皆が楽しんでいるところに、、、、という話も聞こえましたが 隊員の人達も上からの指令で 働いているのでしょうから お気の毒ですね。





戻る