平成26年11月11日 サケ跳ね多数

ドジャーに1本、ほか キャスト このほか、サメ5匹   伊達市マレップ沖のホタテ桁の外です。
Kaさんは船中2人で5本
Nさんはオス4本、ゲストはメス4本
Yさんは船中2人で5本
Kさんオス3本 ソイ1匹

Tさんは2人で船中7本 メス4本
Hさんはメス7本 オス不明
ベルーガ船中37本・オス24本・メス13本



Kuさんは5本 メス3本 下の写真です。
室蘭港から5マイルと 近いです。イタンキでは釣れなかったとか。大黒島の前も跳ねはあるが釣れず。

初心者への 知ってて良かった ボートマナー

ブリ釣りやサケ釣りでは、サケが跳ねると その下には魚群が居て、
ベテラン数隻は 遠巻きにして、 遠くキャストして楽しみます。
中には エンジンを止めて 静かに、脅かさないように、しています。
従って、中心部には広い水面があって、そこでサケが跳ねているのですが
その中心部に エンジン全開で 乗り込むボートがあります。

すると、跳ねは ピタリと止まり、その後 跳ねることは有りませんでした。
群れが 移動してしまったんですね。

遊漁船も サケ釣りでは、皆がキャストで 船のソバにサケを寄せ、
魚群の上で 楽しんでいますから、そこへ マイボートが音を立てて近づくと
セッカク寄せた群れが 離れてしまいます。

ベテランボートは わかっていて 
困ったボートが来たな、と見ていますが、
なかなか 直接 注意は しづらいようです。でも
初心者ボートは 知らないだけで、悪気はありません。
教えてくれる人がいないだけなんです。

ちょっと気の毒ですので、
そっと 知っておきたいマナーです。 



サケ タモ入れの動画です。
さて、、タモ入れの勉強しましょうか(笑)


うさたく さんの動画でした。



































戻る