20年11月9日朝  豊浦 サケ好調

1時間しか 釣りできなかったけど、、、、、
9日、波が収まるのを待って 出港、伊達沖は波があり、釣りにならず、豊浦まで 来ましたが、跳ねも 無いです。 
地元の遊漁船がいますが、動きはありません。
キャストして 巻くこと 数回、こつこつ、と当たりがあって、ヒットです。

今日の風はサケにちょうsど良い流れで、リールを巻かなくても良いスピードで、普通のスピード 1回転1秒くらいで巻いても 船の流れがプラスして 速すぎる動きとなります。
こんなときは 横にキャストしたり、風上にキャストして 巻いていました。

竿を3本出していたので、取り込んでいる間に すぐ 前のドジャー仕掛けの竿が しなっています。
振り返ると ロッドホルダーに置いてあった竿が引いています。
錘を付けて 20mまで 沈めておいたものです。電動リールだったので、ユックリ巻きのスピードにして置いて まずは 前の魚の回収に掛かります


(小魚は サケの口から 出たものです。参考まで)
結局 2人で 2本ばらして 6本ゲット。この間 一度も 跳ねがありませんでした。
跳ねが無くても つれるんですね。


メスが4本でしたよ。
出勤時刻まで帰るため、切り上げです。 となりのボートでは また タモが入りました。入れ食い模様ですが、後ろ髪を引かれる思いで 室蘭に帰ります。
今日の仕掛けです。
右上は初め、風の弱い時用の ドジャー直接ルアーセット。左上はその後風が強くなったときのドジャー+中間ワイヤー+ルアーセット。動きを抑えています。
下は 電動リール竿で 底まで沈めるための、錘+スピナー+中間ワイヤー+ドジャー+ルアーです。

ドジャー仕掛けは、あわよくば置き竿でも1匹という もくろみはありますが、ルアーで寄せたサケの群れを ボートから離さない という役目もあります。針を付けないで ドジャーだけでも良いから、5mくらいのところで キラキラさせておくと釣果がアップしますよ。

いずれも注意することは 下ろすときに ドジャーの流れを確認し、絡んでいない状態で 1mずつ ゆっくり 下ろすことで、たまに あげて見れは こんがらかっていることが多いです。

さっそく 腹を見てみたら すばらしいイクラです。     身も赤く おいしそうです。









戻る