18年10月31日朝  サケ 釣れてます。

最初に 小さい銀毛が 釣れ 次に 大きいのが 同時に 3匹掛かりました。

後記: 上から オス メス オス メス でした。
朝は 無風だったのですが、しだいに 風が、、、、、
午前9時 帰港。




業務連絡: Kdさんへ 昨日の仕掛けの一部です。

昨日は 一人で4本の竿を出して サケ釣りをしていました。水深30-20mくらいでしたが、
1本は普通の スプーンにタコベイトにカツオ切り身を付け 投げては巻きを 繰り返します。
次はさらに ドジャーをつけて 流し、水深5mくらいに なるように 出して 沖竿します。
次は 上の写真の ように 1mくらい離して 重りをつけ 水深10mくらいに 降ろして ロッドホルダーに セットします。
次は 下の ように さらに  ドジャーと スプーンの間を 1mくらい離して 水深20mくらいに 降ろします。昨日は 電動リールの竿にセットし、ロッドホルダーに 置きました。
こうすると狭い場所で 糸がからまず 出せますし いろいろな 深さに セットすると 棚がわかります。 なにより 私は たくさんの竿を出しておくと 心が安らぐんです。(笑)

スプーンが ゆらゆら動かないと 喰わないのですが かといって あまり 動くとダメみたいです。そこで 風の弱い時には ドジャーにすぐスプーンを付けるのですが 流れが速いときは ドジャーとスプーンの間を離します。

昨日は はじめ 重り無しのドジャーの竿に掛かり 巻いているうちに 重り付きの10m深さの竿に掛かり 竿先が ぐんぐん しなっています。。
最初のサケは 巻いても巻いても ドラッグで 糸が出ていき 2本目を取り込めません。この竿は 細いナイロンラインだったので 無理もできず、まず、そのままロッドスタンドに差して 泳がせておいて 2本目を 巻き取ります。 こちらは Pラインに リーダーを付けた物だったので 強引に 巻き取りました。
このとき 手巻きのスプーンだけのを 置いて置いた竿に掛かりましたが、こちらも ラインは細かったので そのまま おとなしく させておいて 2本目を揚げました。最後に 手巻きの竿のサケを ドラッグを楽しみながら ゆっくり揚げましたが 同時に3本とは 恐悦至極の至りです。(笑)
結局 一番深い竿には 来なかったので すぐ 浅い位置になおしましたが
出勤時間がきたので 納竿しました。



30日 さけ 揚がっています

やはり ルアーの感触を楽しむなら オスですね。アグネスは今日 船中3本。
場所は イタンキ定置網の 沖で 跳ねが見られました。

Wさんの船でも 銀毛1匹。 昨日は某遊漁船が 船中13本とか