17年10月 28日午前8時 出勤まえの サケ
朝6時出港、イタンキ沖 の定置網の先で 跳ねチラホラあり。
さっそく キャスチングして 巻いていると ググッと来て 揚げるとギンピカのメス。8時まで3人で 船中4本、ドジャーにも 2本来ました。
8時半 帰港 私は只今勤務中です。船長さんたちは また 行き、午前10時 2本追加の連絡あり。
サケが釣れた時の画像です。釣れた棚から見て  矢印が サケだと思われます。下の集団がなにか わかりません。そこまで 下ろしていません。

ある人に聞きましたら やはり サケではないかとのこと。サケとイワシが 混在しているのでは と言っていました。
今度は胴付きしかけの3本枝仕掛けで下ろして見ましょうか。
3匹 一度に掛かったら 揚がらないかも。


 午後 アグネスが帰ってきました。
船長 釣りすぎデスよー。
最後は 跳ねを狙って キャステングしたら 100発100中で 3匹釣ったとか。スゴイですねえ。
デカイ メスです。85センチくらい ありますね。6.5キロ。 腹には イクラが一杯ですね。
今日、私が使った仕掛けです。
竿は3本出して 1本は ドジャーに45gのルアーを付けて 10mくらい沈めて 流します。 
2本目は 浮きを付けて 1mのワイヤーを付け 次にドジャーを付けて さらに1mのワイヤー そして 28gのルアーです この状態で 船から遠く離して 流します。これには 最後まで アタリ無し。
最後の1本は ルアーだけで 跳ねを狙って キャステングです。
群れが来ると 全部に サケが掛かることがありますが、そのひとときが最高です。



27日 サケが来たぞう
今日は 鮭釣り1本に的を絞り 気合を入れて6時出撃したが、朝一は イタンキから伊達沖まで くまなくハネを探すも 全くなし、4時間探し廻り ついにいつもの早場所、増市沖25mラインで 一斉に鮭がハネだし 短時間で船中7本ゲット、但し、船釣り初めて1名、鮭ルアー釣り初めて3名の釣果としては立派ですよね?
 
ちなみに 船長の銀ピカメス (いくらびっしりでした)
ブナ鮭を持っているのは7キロでした
そして笑顔の若者は 海の無い栃木県からきた 新入社員で大感激のいい笑顔です。
そしてこの鮭は早速栃木の実家へ郵送しました。よほど嬉しかったのでしょう
今日は船長冥利に尽きる価値ある釣りでしたよ。

以上 Tbさんのコメントでした。
連絡を受けて 私も 夕方 船を出しました。増市沖には ときおり サケが跳ね、背ビレを出して泳ぐ サケが見れるのですが 食いません。
最後には 船首のすぐ下を 3匹のサケが背ビレを出して ゆっくり 泳いで行きました。とうとうボンズで せっかく持っていったカメラで撮ったのが 下の夕日です


26日 登別川のウライには
今 サケがいっぱいです。カゴの中には ウジャウジャいて、バシャやってます。
横の堰からも 簡単に 上流に上がっていけそうですね。柵を作って 全数ウライに誘導するのかな と 思っていたんですが これなら 多くのサケが自然上れます。
。この川は 上流で 温泉のお湯と 清流が 合流してますので、その上まで 登ってから 産卵するんでしょうね。   途中、組合が運営する 人口の孵化場もあります。

ウライのすぐ下の タマリにも サケがいっぱいです。  タモが欲しくなりますね。(笑)