サケ去って

23日は カレイ日和

イタンキ岬前 水深25mにTaさんが居ました。まずまずの真がれいがヒマ無く楽しめるそう。
定置網はスッカリ無くなり、安心して釣りができます。
進水したばかりのUF24が居ました。後ろは鷲別岬。
帰港した彼らのクーラーボックスは カレイでいっぱいでした。
Taさんの隣にKawaさん。カレイ名人の彼は 良い場所を見つけ、アンカーを打って、真がれいを集めます。
北大研究所前にkonさんがいました。
彼がココに居るということは、やはりサケシーズンは完全に 終漁したようです。。
地球岬の下にFrさんがいました。白い灯台と断崖絶壁を見ながら、釣りを楽しみます。
誰ですか?竿先ばかり見ていて、景色をジックリ見た事無いという人は。


19日 Taさん鳥山発見

でも、鳥山の下に いたのは 小さなサバ、、、、、、、3匹釣れました。



19日サケ見えず、根釣りに転向

久々の凪なのに サケは影も形も無く N.T,K 3人組は根釣りに70m沖まで 遠征しました。
暗くなる頃 帰ってきて この成果。Kawaさんは 35センチのソイ、Nakaさんは 47センチのアブラコ、そして、Taさんは 船頭に徹していたようです。
残念ながら、年間ダービーは15日に終了しましたけど、、、、、見事な釣果です。



11月18日 強風の日曜日でした

雪の季節を前に 豪雪地方から 室蘭へ越冬保管と点検に来られました。冬季間の室蘭での保管を受け付けて居ますので 相談下さい。
かわいいマークが張ってありました。 寿都プレジャー ボートクラブ と読みます。


クラブハウス を のぞくと、、、

強風の日は 朝6時から 風落ち待ちの待機です。各自 仕掛けボックスを広げ、研究会です。