20年9月10日 サバ来たぞう

昨日Aさんが、白防波堤でサバが釣れたと 教えてくれたので、朝5時 サバ探しに出ました。室蘭周辺では鳥も見えず、伊達方向に走ると ボートの横で 魚が跳ね 遠くに鳥が固まっています。
見渡すかぎりにサバの跳ねが見え、イワシのナブラが沸き、鳥が突っ込んでいます。
大きいので40センチ平均35センチでしょうか、けっこう 曳きます。
水が違うのか コバルトブルーの水中を サバが浮き上がってきて、それを 4,5匹のサバが追ってきます。ジグに サビキ仕掛けを2,3本追加すれば 一網打尽ですが、この強い引きでは 揚がってこないかもしれませんね。
時々 船の下1mくらいのところを 10センチくらいのイワシの大群が通り過ぎます。
漁探を見ると 水深30mのサバの層の他に 海底に大きな固体の魚反応があります。
これはブリ、マグロかも しれません。
(先日、虻田沖でマグロの跳ねを見たボートが居るようです。)
伊達 火発沖、です。・
時々 イカが掛かるので サッキの漁探固体反応を目当てに ブリ生き餌仕掛けに イカをつけて 底まで 沈めて泳がせておきましたけど 当たりはありませんでした。

(10日は 函館山沖で ブリ ジギングでも 揚がったようです。。)
初めて見つけましたが、イカの目が赤く光っているんです。怒っているんでしょうか。

赤の上には 黄色の蛍光色の部分もあります。ひょっとして 魚はこの赤い点を目掛けて 口を開けるのかもしれないから、イカを食べている頃のジグの色は赤や蛍光を混ぜたほうが良いかもしれませんね、、フムフム。
サバの生き腐れが 怖いので 釣ったらすぐ血抜きをして、内蔵を出し、氷に並べました。
いくらでも 釣れるのですが、凍り漬けが忙しくて 2人で80の釣果です。。


私も 5本だけ 自宅用に 究極の血抜きをして 持ち帰りました。まず、吊り上げたら すぐ エラ横と尾に切れ目を入れ そのままバケツのきれいな水に頭から突っ込みます。しばらくサバがバタバタ暴れて 体内の血が出ます。動きが止まったら たたいてやると さらにバタバタします。動きが弱ってきたら 水から取り出し 頭を切り、ハラを出して 新しい水でよく洗います。そのまま、氷水に入れて出来上がりです。1匹ごとに水を取り替えるのと、最初のナイフ入れが肝心で 死んでしまって動かなくなってはダメなんです。(笑)

一番大きいのを計ったら 42センチありました。一昨年のサバと比べてください。










戻る