15年10月9日今夜は サバ 一夜干しで一杯

帰港する頃には できあがっています。



10月7日 アグネス
サバ小さいけどバカウマ
アブラが乗って、塩焼きにすると すばらしく うまいです。
アグネスは 今日も 釣りに 行きます。

ジグでの サバ釣り おもしろいですねえ。これで もう少し大きいといいのですが、、、、、 数だけは飽きるほど釣れます。一人で200もあるでしょうか?
皆に 取りにくるよう 電話したところです。
大黒島から サバを求めて 沖へ。鳥山は見あたらないけど、漁探に 反応を見つけると ジグを投入、5-10mくらい沈むのを 竿先に集中して 変化を待つと 微妙な感触が。ガクーンと合わせると あの懐かしい感触が味わえます。
ジグは60gのバタフライ、ヒラヒラと落ちていくタイプです。
釣っても、釣っても 大きなサバは 現れませんが、小さくても 結構な引きがが味わえ、とても おもしろいです。
でも、Aさんの話しでは、8日 サバの下を狙って、いろいろジグを試していたら、大きな当たりがあって、20ポンドのラインが切られたそうですよ。なにか、いますよ、きっと・



アクセス解析

29人 : .mil (米国機関)
27人 : .nz (ニュージーランド)
2人 : .fi (フィンランド)
3人 : .de (ドイツ連邦)
3人 : .nl (オランダ)
1人 : .ee (エストニア)
1人 : .ca (カナダ)
1人 : .sg (シンガポール)
2人 : .ch (スイス)
1人 : .se (スウェーデン)
1人 : .edu (米国高等教育機関)
今度のサーバーは 詳しいアクセス解析をしてくれます。どんな人が、どのページを、どのくらい見ているかが わかります。
おもしろいのは 外国の人も見ていることで、上のような国から 1日にこのくらい アクセスがあります。ページ右上に 英語ページのリンクボタンを使っているのでしょう。みなさんも 一度 英語ページを見てください。英語ペラペラになった気がしますよ


10月4日アグネスイカ爆釣

棚80mで終日 入れ食い 一人 3桁以上 場所は画面の下の数字です。

釣れている時の漁群探知機の映像ですが、わかりますか?
2つに画面が分かれているのは 右がふつうの画面、左が海底拡大画面です。右の画面の80mラインに層になっているのが イカです。相当濃いので しかもところどころ紅くなっています。仕掛けが降りていかない という表現が 良くわかりますね。斜めに移っているのは 仕掛けを揚げ下げしたときに 仕掛けが写っている状態です。
海底付近を拡大したのが 左の画面で 右では まばらな反応でも 拡大すると結構 密集しているのが わかります。
アグネスの漁群探知機は先日取り替えた 50−200サイクル周波数を持つ パワーも大きいもので、この画面は50サイクルで映しています。200サイクルですと ちょっとわかりずらいとの話しです。
ただ、50サイクルは少し船をスピードを出すと 写らなくなり、また、船を止めてから、画面に映像が映るまで 時間がかかります。



10月17日 イカ まずまず

アグネスは 白老方面で イカ釣り。水深130mで けっこう良い釣果、波が出てきたので すぐ帰ってきたけれど それでも 一人100枚くらいはあるでしょう。




戻る