20年5月3日 レーダー ワンポイントレッスン

ヤマハ 光電7インチのレーダーとロイヤル8インチのGPSと漁探です。
これ以上 大きくなると 無理ですね。
使い方を覚えるまでは 紙を張るといいですね。
上から 縮小、拡大、明るさ調整、自動感度、マニアル感度、波反射調整、雨雪反射調整となります。
相手の船は現在地を映しますが、短い航跡を付けてやると 進む方向がわかるし、大きく見えて 見やすいです。
方法は1のメニューボタンを押すと 1枚目のメニューリストが出ます。2の矢印を押すたびに、2枚目 3枚目 4枚目と出ますので そのうち上にECHOと書いたメニューリストの状態で 上下の矢印を押して TRACK(航跡)に合わせます。次に 3のENTボタンを押すと リストの右側にOFF、15秒、30秒、1マイル、、、、という表がでます。ここで 上下矢印で希望する長さの所に合わせると終わりです。終了はいつもENTボタンです。
一般的に感度の調整は 周りに反射物の多い港の中では 感度を弱くして、周りに何も無い沖では感度を強くします。
でも、いちいちダイヤルで調整するのは面倒なので AUTO(オート)のボタンを押します。オートには3種類あって、ボタンを押すたびに ハーバー、オート1、オート2の順で変わります。左下に白くかこまれた文字がでるのでわかりますね。ハーバーは港の中でつかうよう感度が弱目です。オート2は沖で使うよう感度が強いです。オート1はその中間です。 今日はここまで







戻る