フルノ レーダー 1715に GPS信号を入れるコードをつないだ場合の設定

レーダーに統計北緯を表示させるには、GPSと専用のハーネスで接続する。
ハーネスは、双方のメーカーから 発売されている。

接続は、多線ハーネスの中の2本だけ使用する。
フルノレーダー1715とホンデックスの場合、フルノ側のプラス黄色と
GPSの出力側のプラス白をつなぐ。
また、フルノ側のまいなす緑と ホンデックス側の出力まいなす緑をつなぐ。
gpsからの信号が届いているかどうか 確かめるには
空中戦テストから 右矢印で
NMEA入力データのRMA GLL GGA などが、黒塗りになっていればよい、この状態では 信号は届いていない。
また、NMEAポート設定と 出力が写真のように、 しない になっていること。
信号がきたら 一度 電源を切って、次にメニューを押しながら 電源を入れると この画面に繋がるページの1/2がでるから、下矢印でスクロールすると システムメニューとなる
右矢印を押すと下の画面になる。
ここで、磁方位を真方位に変更し、カーソル位置表示を緯度経度に変更すると、カーソルを移動したときに、カーソルの位置の緯度経度も表示する。







札幌 フルノ 011−561−7261