Sさんのページ

17年4月16日 ソウハチ大漁です。


ヒラメ大漁
14年9月23日 晴天の下で ヒラメ 満喫 72センチ以下6枚の大漁です。

14年4月20日帰港しました。

強いヤマセの中を やっと帰港したSさん夫婦。
いつもニコニコの奥様です。朝からポイントを教えようと電話したのですが、あいにく留守電になっていて 不通でしたが、はたして釣ってきたかな?
えー!  すごい!  なんですかこのカレイの量は!  すごい! 各自 クーラーいっぱいの他に まだまだイケスに入っています。
 4人で6,700枚は ありそうです。

もちろん この後 魚をさばくのは やさしいお父さんの仕事ですよね?
仲良く 後かたづけ。さすが、タイタニックポーズは してもらえませんでした。


Sさんが 鷹の羽を釣ってきました。

見事な鷹の羽 別名まつかわ です。ウロコが変わっていますよね。下のbearさんのカレイ図鑑を見てください。
マツカワ
地方名 タンタカ、カンタカ(胆振)、タカノハガレイ、クロスジガレイ、ヤマブシガレイ(北海道各地)、ムギガレイ(八戸)、ヤマブシ(富山)
【特徴】
体は卵円形で高い。体の表側は暗褐色で乳白色の斑点が散らばり、松の皮に似る。背鰭、臀鰭および尾鰭に黒色帯がある。体の裏側は雄では黄色味を帯びるが、雌では白く、雄雌とも小黒斑が散らばる。

急に風が吹いてきて いっせいに帰港するボート。
桟橋に着いたSさんのFZとKさんのUF21。  沖でポイントを探すのに、先着のSさんに電話をかけ、北緯と東経を聞いて、GPSに入力し、沖で一緒に楽しんだそうです。なかなか知能的に釣りをしています。kさんが釣行記をかいてます、どうぞ。
Sさんのクーラー拝見。連日の大漁です。


夕凪の土曜日は のんびり 落ち着きます。

帰港したSさんのFZ23、明日の日曜日は、朝早ーく出るので、係留しておきます。画面の岸壁横では、釣ってきたソウハチカレイをさばいているので カモメたちが おこぼれ を狙って待機しています。大漁の大量のカレイをさばいてから 帰宅する 奥様にやさしいSさんです?