MYさんのページ

75センチ、6.5キロの大物です。15年7月4日のことでした



15年1月の釣果です。目方は13kです。


夏の思いで



14年12月4日の釣果です。タラ、ソウハチ、モンキソイ?



2002年夏 ブリ初物です。7月27日



ますシャクリ 3キロ

江差のMさんから30日 いーいメールが届きました
こんにちわ@@@です。

で日曜は男らしくマスシャクリ。魚探にも良い反応あり。
やはり来ました。3kありました。

旨いの、引くの、ジャンプするの最高!!!
久し振りに足震えましたよ。
いーい写真ですねえ。足下に したたる赤い血が そそりますねえ。
ん? その横のイケス魚入れ丸ハッチ、? 竿立て下の角物入れ なんか見たことある艤装だと思ったら、この船はあの デカイ21ですね。


昨年のブリ

平均7,8キロ。ちなみにこの足下にも3本ブリ転がっています。舟はSAKURA1号です。


4月7日           函館からの写メールです。
オハヨウ様、写メール届いたようで良かったです。
いかんせん、機能多すぎで使いこなせないモノで・・・。

そうです、こちらは今、赤モノの時期です。ダッコ(ヤナギの事)、ハツメ、メバル、まれに黒メバル
が好調です、しかし産卵時期なので乱獲は慎まないといけません。
自分と檀家?さんが食べられる分で充分なのです。って釣り過ぎですか!?

そんなことよりも私が嬉しかったのがやはり21CCTT(Tトップ)の素晴らしさ!船体は昨日の時化でも余裕の走行です。漁船ばりのフレアが波をビシっと捌いてくれます。疲れ知らずです。

しかもこのTトップ、意外な性能が付与されてました。アスタに入れて舟立てると丁度Tトップがスパンカーになるのです!バウのVも綺麗に立てられる要因では? と考えています。これは非常に嬉しい誤算でした。こちらの僚船もこれには驚きです。

船台の上げ下ろしも慣れてきましたよ。2ストでも安定走行可能で、燃費も好調。
今週末が今から楽しみ楽しみです。     ではでは。

3月28日強風の江差マリーナに 無事納船
早朝の高速道路を走ります。怖かったけど、トラックにあおられて 瞬間100キロで走ってしまいました。ハードトップの強度は保証できましたけど。
マリーナ到着。   向こうに見えるのが なつかしい1号艇です。
キレイに洗って待っていてくれました。
第1回札幌ボートショーに展示させていただいた艇です。
ちょうど大潮で 潮の引いたヌルヌル海草の上に下ろしました。傾斜もちょうど良く、広くて使いやすい斜路です。
強風の中を イキイキと走ります。室蘭で十分 慣らし運転をしているので、安心です。
強い西風、波頭が白く崩れる外海。。。。 本当に出て 行くんですか?
外海を回って来て、目の前を 通り過ぎます。カッコいいー。新艇進水のうれしさが 伝わってきますね。 ボートには函館から駆けつけた 友人さんも乗っています。
我々には まだ仕事が残っています。これを組み立てなければなりません。 これが特注の 江差マリーナ用船台。オーナーの為の転勤仕様になっており、分解できます。すべて亜鉛ドブ浸けメッキ。グリスアップ式ベアリング。2倍ロングトング。4本サイドポールです。
完成した特注船台で さっそく巻き上げてみます。横から西風を受けても、サイドポールがあるから安心。2倍ロングトングで 乗用車は濡れずに 船台はドップリ水の中へ。
オーナーがボートから降りてきて 船台に乗って ウインチを巻いてみます。最後まで軽く巻き上げれました。
そのまま 車を前に出すと 私も乗用車も  足元を濡らさずに上架できました。胴付長靴不要です。
上架したあとは 一人で軽く押して 自分の置き場に納めます。 これなら一人で出港できますね。

さすが、でかい デカイ21。。。、最大1300KGのトレーラーに800kgの完成重量ですが、トレーラーが小さく見えます。




14年3月23日
完成しました。晴れのお披露目です

このあと、親しい漁師さんの待つ、漁港の向かいます。
漁船の間に はさめて、臭い付けをすると、魚付きが良くなるのかな?。
船名が入って 一段とカッコ良くなりました。
今晩時から 漁師さん宅で 新造祝いが予定されてるとか。。。うらやましいですね。