2002年2月の ソーハチの位置です
クラブハウスの壁の等深線入り海図です。ソウハチの位置と漁探見分け方が張ってあります。鷲別岬先端から ちょうど4.8マイルの距離ですから、4級免許でも OKです。



2002年2月5日ベタなぎ

型そろいのソウハチかれいが揚がってきます。みな30センチクラスです。
大物用に 赤イカ 1センチ×5センチのを つけましたら 当たりはあるが、揚げたら付いていません。バレてしまうようで、後で聞いたら、5ミリ×1センチくらいに 小さくすると良いそうです。
群れの移動が始まりました。1月末には 登別沖だったのですが、今日は鷲別沖75mに移っていました。、ベタ底で 浮いていないため、ほとんど下の針に1枚しか かからず、針数全部というわけには いきません。

 効率が悪いので 途中から欲張って、2本竿を出し、それぞれ10本、12本の針仕掛けで 試してみたら、、、、、見事に、、、、、、、、上から下まで 、、、、、、、、、からんでしまい 解くのにガッチリ時間がかかってしまいました。。。。。典型的な B型の性格が 出てしまいます。
私の今日の釣果です。マス4本、スケソウ10本、ソウハチ20枚といったところ。

今日の目的は ヤナギの下のキングサーモン狙い。
昨日 釣具やさんに行き、 キングのKさん と同じ竿を買い、同じブルーのミラーバケ、同じようなマス仕掛け、毛ばりを買い 同じ針数に仕立てなおして準備し、午前6時出港、あちこちでマスを釣り、同じポイントの 緯度経度に、 10時40分 同じ時刻に 到着して 竿を弱めに振っていたのですが、、、、、。。。。。、、、、、、
キングは かからず、マス、スケソの当たりひとつ ありませんでした。

左上のドジャーは キングサーモンもサケのうち  という発想を 試してみたもので、サケ針をマス針に代えて 流してみました。風が弱く、垂れ下がるだけでしたので、ダメでしたが、、、、 いつの日か、キングを2,3本デッキに並べて 帰港しますよ。

皆さん 安心しましたか? ヤナギの下に
 キングは いませんでしたよ。。。。。。



2月6日(水)も ベタなぎ

今日 水曜日は定休日。お昼ごはんを食べたあと、あまりにも天気が良いので、散歩のつもりで KSさん、Taさんを誘い、海へ出てみました。
 鷲別岬が見えます。いーい天気です。
ソーハチ場の映像を見てください。  緯度経度は。42度17分860.東経141度08分495.となっています
海底77.8mのすぐ上に魚影があります。赤い矢印部分を左の海底拡大画面をみると 75mから77mの間に赤い塊が見えます。
これが 現れると ソーハチの食いが 良くなります。きょうも海底はソーハチで いっぱいです。
散歩のつもりが、魚影を見ると 釣ってみたくなり、船に常備のアカイカもあったので 最後は勝負 勝負。後部デッキに3人が輪になり、あーだ こーだ と話をしながら 竿をあげます。  30−35センチの大型のソウハチが 2枚3枚とあがってきて、バケツから あふれます。  けっきょく最後まで、勝負がつかず、最後の終竿の枚数で 決めることに、、、、、、私が2枚、KSさんが1枚 Taさんが 3枚で 今日はTaさんが 竿がしら。 3人で100枚以上は釣ったでしょうか。
もうすぐ 日が沈みます。 今日もドップリ 釣りに暮れた一日でした。