18年10月8日 村越さんのトーク 満喫

今年は中止でしたので 上の写真は昨年の様子です。他の写真もどうず
8日は 朝4時から出て 待機していたんですが、結局 大会は中止になりました。関係者や 集まった100名以上の出場者の方々は とても 残念でしたね。でも あの 雨や風波の中で 防波堤からの撤収がとても 危険なのは 身にしみて実感しているので 主催者の良い判断に感謝しています。

でも おかげで 村越さんの 楽しい話を聞けました。中止が決まり 村越さん達が うちのクラブハウスに 来られ コーヒーを飲みながら いろいろ 話をされました。一時は 20名以上の人が 詰めかけ クラブハウスから あふれてしまいました。
村越さんは 10冊以上の本を出版されていますので 話の内容を あまり ここで書くことは できないのが 残念ですが ほんのサワリだけでも 紹介しますと

家のすぐ前が海で 子供の頃から 釣りに通い、学生のころは 釣りキチ三平の世界で 釧路湿原に1週間野宿して イトウに浸った話とか、知床の山や海岸を クマの足跡を見ながら 釣り歩いた話とか、

神奈川沖で 2時間で52本のスズキを釣った時の ワクワクするような話とか、
ひらスズキを釣るために 年に300回以上 天気が良ければ 海岸を回りながら 竿を振ったが 結局 釣れたのは 風が強く 波の高い時の サラシの中だったとか。

一番 おもしろかったのが、サバの話でしたが、これは ちょっと もったいなくて 書けません。、、、、ただ、サバを食べて腹をこわす アニサキスという寄生虫は 実は サバの内蔵に居て サバが死ぬと 内蔵から出てきて 身に入るのだから、サバを釣り上げ 血抜きと同時に 内蔵まで 取ってしまうと アニサキスは 入っていない という話は 貴重でした。

いっしょに居たSさんが、過去の村越さんのテレビ番組を とても良く覚えていて その時の番組裏の状況を 楽しく聞き出してくれたので たいへん 盛り上がりました。 とても楽しい 至福のひとときでした。


7日 DAIWA 村越正海プロ 来る

DAIWAのプロで ソルトの第一人者である 村越プロが アグネスで 釣りを楽しまれました。
村越プロは ジグなどの製作も手がけています。村越プロ監修のジグです。MMジグ380MMJIG 注:写真のルアーではありません。 オフィシャルサイト  ブログ
雨の中の釣りを終わって アグネス船長と記念撮影
明日は 北海道ロックフィッシュトーナメントが開催されます。
7日PM17:30より ホテル サンルートで前夜祭
8日AM4:45より渡船開始 PM1200より エンルムマリーナで表彰式です。

村越さんの サインを もらってしまいました。
江差で釣ったリールです。   ダイワ シーボーグ300FB は いいですよ。(笑)


ところで 写真のブリ仕掛ですが、スイベルとリングが小さいと思いませんか?
そうです。今回 sakuraさんに つけてもらったんです。
4年前 スプリットリングが伸びて バラしてしまった経験から スイベルとスプリットリングを 大きなモノを使っていたんですが ジグの動きが 悪くなるんだろうな と 思っていました。
今度の方法は ブリ荷重がかかる 針まではスプリットリングを使わず 溶接リングを使用し ジグをつける部分のみ スプリットリングを使います。
従って スプリットリングは ジグの重さだけを支えれば良いので 小さくてもOK しかも ジグ交換も可能。。魚荷重を支える経路は 溶接リングですので これも 小さくても強度十分なのです。 
今日 サイトで捜していたら 以下のページに 図がありました。


このTシャツは 村越コレクションの一部です。サイトで購入できます。



室蘭マリーナの釣りっこ情報へ戻る