2月14日Taさん達,マス釣り

室蘭を出港して、地球岬をかわすころ、日が昇ります。フロントガラスに波シブキがかかり、ワイパーを使っての航海です。
午前7時20分、隣のKawaさんが、75mにマス と声をあげたので、すぐ仕掛けをおろしたところ、40mも降りないうちに 糸がフケて 降りて行かない。グングン引くので ゆっくり揚げてみると 一本、一本とマスが揚がってきて 結局5本の一荷釣りです。  スゴイ

このときはKawaさんにも、Uさんにも かかり、タモが1本しか無いため、順番待ち。からまないように泳がせておくのに、ヒヤヒヤものでした。
上はバケ尻の針にきた大物。白と赤の毛で作った自作のカラフルな毛針です、
こちらは 黒い毛針、針のすぐ上にサルカンを付け、踊りを良くした苦心の作で、この後、置き竿にしていて2本ダブルで釣れましたので、効果大のようです。。

場所は先日のキングポイントの近く。北緯42度20分293.東経141度16分674.水深103m、タナは75、90、80といろいろでしたが、75にしておくのが一番カタイとMさんが言っていました。
4時ころ、これから帰るとの電話がありました。マス釣りの後、陸に入ってソウハチかれい釣りを楽しんでいたようで、まだ、幌別沖とのこと。
しばらくして、えとも岬まで 見に行きましたが 船の姿は見えません。
幸い、西風もおさまったようなので、全速で走れば 明るいうちに帰れるでしょう。
帰ってきて、クラブハウスで熱いコーヒー。話題はマス5本一荷釣りと Uさんのキングサーモンのラインブレイク。Uさんが リールを巻けないほどの大物と格闘していたら、ブッツン。12号のハリスが針から5センチのところで、切られていたとのこと、他の3人の仕掛けは 糸からみでデッキにあったのだから、マスの歯で切られたのだろう、残念無念。もしキングが揚がっていたら 今ごろは皆で すし屋に持ち込んで宴会していたのにー と 悔しがっていました。
写真はTaさんの今日の釣果です。5本、2本、2本、1本と釣れたそうで、竿頭。

2月16日も海の上

天気予報が悪かったので 今日はダメと思い 朝はゆっくり。....
でも 起きたら すごく良い天気で風もほどほど。あちこち電話をして、招集をかけ、9時出港です。今日はソウハチ釣りに専念しましょう。
写真は 幌別沖の船の群れ 30隻くらい 
仕掛けを降ろしていくと中層で スケソが かかり、
ベタ底まで 降ろすと ソウハチが かかる   という作業を続けると、、、、、、、、
このように 魚の山ができていました。 
 スケソ30,ソウハチ100枚というところ


写真提供はTaさんです。。。。ということは、、、、そうです  Taさんは 今日も海の上。