21年2月11日 マス釣り  ポイントは141度26分

祭日のせいか、すごい船数です。軽く100隻は居るでしょう。
シリウスもすぐ横で釣っていました。
シリウスがここまで 走ってきたと言うことは、途中141度15分の浮きソウハチが居なかったということですね。


後記:141度15分suisinn70-80mでソウハチ釣りをした2隻のクラブ艇の話では、大きな群は見つからず、ベタ底で一人30枚位の釣果とか
札幌のYさんは、、、、、長年日本海で釣りを楽しんでいた方ですが、冬場のマイボート釣りをしたくて、室蘭にボートを置き、昨日今日と連日、冬の海を走り回っていて、2日間の釣果は船中20本の名人です。。はためく赤い旗は ライセンスとクラブ旗です。

帰り時刻には 風が強くなり、ヤマセの大波の白い波頭が 崩れ落ちるようになり、真後ろから 波に押されて 室蘭まで2時間 怖かったでしょうね。
アグネスでは 若いルアーマンがジギングで1本揚げました。
この時、私の釣果はゼロ、しかも船中ただ一人のゼロ、ジギングでのマスは想定外のことですので、アセってしまいました。(笑)

結果的に 他は3名で12本、棚80mでほとんどが上がりました。今日は各船厳しかったそうです。
やはり、トリプルの方が ヒット確率は良いのでしょうね。
私も バケ尻をトリプルにしようかな と つい話したら、たちまち、バケに絡んでしまうと言われてしまいました。(笑)


今日の仕掛けは 昨晩 閉店間明に、火曜日でも開いてる近くのTさんに お願いして 特注で作ってもらったポーラーベアー3本セット。
針間隔を 120センチ、ハリス長さを40,45,50センチとしました。全部白クマを使おうと思ったのですが、白クマは当たり外れが大きいそうですし、先日某名人に聞いたら、間に他の種類の毛針を入れた方が良いとのことでしたので、上と下の針は白クマ白毛に赤混じりを作ってもらい 真ん中とバケ尻には普通の黒毛針を入れました。

結果は、最初が上と3番目のダブル、2回目が3番目の針、3回目も3番目でしたが、おとなしそうだったので、船長に頼まず、右手でタモを持ち 左手でラインを寄せて、入れようとしたら その前にバレてしまいました。 ガックり(笑)
なにしろ3本針というのは、仕掛けの全長が4mくらいで 扱いやすいんです。
リールを巻いて、竿先までサルカンが付くと、1,2本目の針は水面から出ていますから、左手でラインをつかんで 引き上げれば もう 3本目の魚が水面に来、バケも見えています。8本針のように 両手でラインをたぐり、絡まる心配がありません。

しかも 隣の人と お祭りしても すぐ解けるし、楽々です。皆さんも 特注3本セットを試してみてください。

そういえば、今回の試し案件は潮切り板を付けてみたこと。仕掛けの最上部に付けたんですが、上の針に掛かったということは このせいも 在るかもしれませんね。



23日午後2時 除雪が入りましたよー

これで明日のベタ凪 出れますね。。。。港湾部さん ありがとう



業務連絡:23日午前9時 アグネス船中4本 大昭和沖16分
会員のみなさまは 無線交信できますので、どうぞ

業務連絡:
次回アマチュア無線 講習です。



ヤマハ冬季技術習会

札幌で19,20日の2日間、全道のマリン店50店が集まって 技術講習会がありました。
新型、25,30,40馬力、350馬力等の説明始め、エンジン耐久力の試験報告等です。

ちなみに、船外機の吸水口にガムテープを張り、海水が揚がらない状態で全速で回しても、1分くらいで 安全機能が働き 3000回転に自動的に下がり、その後 17分間 回りつずけ、やっと止まりました。丈夫なものですねえ。冷えてから始動すると回りますし、分解したら クランクシャフトには異常なく、シリンダ、ピストンにキズが入っていました。

もし、沖で オーバーヒートブザーが鳴り、水が揚がらなくなり、救助を待っていられないくらい海が荒れていたら、1500回転くらいで ゆっくり走れば帰港できると思います。エンジンは痛むかもしれませんが、同乗者の命は救えますよ。荒れた海で救助を要請すると 救助艇自体の遭難もあり得ますしね。




戻る