それは 突然 始まった

2008/11/03 13:06:59.2
強烈な曳きで 体が持っていかれます。                   
3人がかりで 交代で 巻きます。ドラッグをいくら閉めても 糸が出て行き、 リールハンドルでは 負けないので もう一人が グローブをつけてラインを直接持って 引きます。巻き取ったら また 引き出され 延々と続きます。。
船べりまで手繰り寄せたのは(スイベルまで寄せて残り3尋、約5m)  最初は1時間経過時点くらい。その後3度はそこまで寄せています。


やっと 近くまで寄せ、船長がモリを打ちます。(3時間経過時)
2008/11/03 16:49:22.1
2008/11/03 16:49:22.1

見事 命中して 喜ぶ メンバ^−の顔。
 2008/11/03 16:49:22.1
でも 喜びも つかの間                                 
船長がモリを打ったにもかかわらず それから強烈な引きで、またしてもラインを引き出しながら
間近でジャンプをしたときに船長の口から   「(このタックルじゃこいつを引き上げるのは)無理だわ、、、」
巨大カジキは さらに 4時間15分抵抗して 17号の新品カーボンラインをリールのところで断ち切って(針を外し)、海へ帰りました。.
今月11月3日 室蘭から大物を夢見て 出かけた皆さん。
あまりにも 大きなカジキにめぐり合って 揚げることはできませんでしたが、素晴らしい体験をしてきたようです。


お問い合わせは 室蘭釣具まで.   ちょっと古いですが、 2006年のツアーのパンフです。




戻る