突然 走行不能

イカ釣りの帰りに 突然 ブザーが鳴って 赤いランプが点くと たいていは プロペラにゴミが引っかかっていて 吸水口をふさいで 水が上がらず オーバーヒートになっているんですが、
今回は ゴミも引っかかっていません。
冷めるのを待って エンジンを掛けても パイロットの水も でません。そして また ブザーが鳴ります。やはり、ポンプが壊れたんですね。 

分解してみると 海水ポンプの羽根 インペラの中央部が はがれて いました。羽根は回らず 中央部分のみが 回っていたのです。 これでは 水はあがりません。
結局 イカ釣り中のアグネスが 出動し、こちらからも 別なボートで 駆けつけて ロープを渡し 引っ張ってきました。波が高く 7ノットくらいでしか曳航できません。約2時間かかりましたか。

こんな例は 避けようがないですね。対策とすれば 時間交換くらいでしょうか。このエンジンの使用時間は530時間。ヤマハの資料には 定期交換の目安は ありませんので 自己判断ですね。

それにしても なにがあるか わからない海の上。
今回は 現場に着いたら 引っ張られる準備がしてあって、長ーいロープをすぐ 渡してくれました。
さすが です。。。。。みなさん、船を引っ張れるロープを 用意していますか海保の巡視船には あると 思いますが、、、



業務連絡:電動リールコンセント こんな感じです。


館 一映さんで ブリ 

クラブハウスは 水産加工場か

先日の夜 皆で釣ったハモです。さばいて ぬめりをとって 真空パックにしています。
クラブハウスでは 魚サバキは 禁止なんですが(笑)



20日朝5時 ライブカメラのおかげです。

台風は過ぎて 西風に変わったようです。アグネスは無事でした。25mの強風に耐えています。
夜中に カメラを見ると ライトに照らされたアグネスの揺れる様子がわかりました。
自宅に居て ボートの安否を確かめられるなんて ありがたいことです。

Ksさん、ライブカメラのセッテング バッテリーに依る夜間作動装置等 ずいぶん難しかったようですが ありがとうございます。 




16日イカ不調、午後好調へ 詳細は アグネス船長釣行記で


虻田沖 水深45mでも 昼イカ 詳細は     国縫でまがれい 詳細は

16日イカ不調、午後好調へ 詳細は アグネス船長釣行記で



戻る