23年9月10日 イカ入れ食い

2人でこれだけ、150匹平均とか。
141度14分で入れ食いとなったが、後からは、17分でよかったとか。水深30-60で止まったことも。
17分では、サバのつれたほか、苫小牧ではフクラギも。豊浦でもフクラギ好調の情報あり。
イカは このやわらかい仕掛けより、角の方がよかったとか。

まがれい イタンキ側で 好調の情報あり。



実りの秋

Kさん別荘の桃とメロンの収穫です。以下 コメント

夕べ、桃を収穫しようと、やってきたらスズメバチにさきをこされてしまいました。
大きいのはプリンスメロンです。




ヤマハ新型20FT 続々進水中 全国に

ヤマハのSRXサイトはこちら
小樽マリーナ ライブカメラ 一般人でも動きます。プリセットCで港口の波の様子がわかります。



札幌Sさん、マイドリーム号 青森遠征でマグロ

業務連絡、ボンベ(救命胴衣)入荷しました。
イカ釣りのシーズンです。イカ墨ジェットには注意しましょう。過去の例こちら

左のリンクに ビートルズ追加しました。ヘイジュード  イエスタデイ



9月2日 絵鞆マリン無線クラブ総会

スナップ写真は とても公表できるものでは、ありませんでした。
総勢39名の会員ですが、参加できたのは22名、暑い会場で、ジョッキが次から次と運ばれて、、、、、、、

そんな中で、各自のボートについているプロペラの話になりまして、どうして同じ馬力なのに、プロペラの数字が違うんだ????と盛り上がっていましたが、酔っているところに何回説明してもわかるわけが無く、ここで改めて、説明しますと
F100,F115についているプロペラには、13と1/4 ×17 とか、13×19とか書いています。この17とか19というのが、ピッチという数値で、1回転すると17インチ進むということ、つまり、17のプロペラが17メートル進む間に、19のプロペラなら19m進む。
そうすると、19のプロペラの方が早いと思いますが、当然、エンジンパワーが必要です。同じ直径なら、17のプロペラなら5500回転回るが、19のプロペラでは4800しか回らないことになる。
そこで、プロペラの大きさ直径を小さくしてみると、軽くなるので、もっと回る。
左のピッチ17のほうは13と1/4インチだから、約33.6センチだけど、右のピッチ19の方はちょっと小さく13インチ、直径約33センチ こうするとピッチ19のほうも5500回転回ります。
ボートのオールにたとえると、面積34の広さのオールで17回漕ぐボートと、面積33のオールで19回漕ぐボートのスピードが同じということです。

つまり、ピッチの大きなプロペラは直径が小さい ということです。一般に、重い船は、ピッチを小さくすると、効率が良く、走ります。漁船にF115付ける場合はピッチが11で直径が14ということもあります。
あとは、あなたのボートにドッチのプロペラをつけたら 早いか。これは走ってみなければわかりませんが、仲間とプロペラを交換して、GPSでスピードを計ってみてください。

わかってもらえましたか? わからない???? 酒が残ってるのかな



28日 イカ好調 141度18分150mで 80-100匹
Dさんは、2本竿で一人250匹とか



戻る