20年8月31日 イカ 一部で大漁


30,31日とすごい濃霧でしたね。
レーダーのついているボートでも たいそう怖かったとか。小型艇はレーダーのあるボートの後ろについて、ポイントまで走ったようで、先頭のボートが止まったら 後ろに続く数隻が皆止まったと 驚いていました。
釣り場所を決める責任を感じて居たようですよ。。

イカ釣りのボートは141度15分から22分まで 広範囲に散らばったようで、室蘭に近いほうが型が大きかったそうです。ほかに 水深も大事なようで 同じポイントでも 水深100-110mで釣った人と130-150mで釣った人とでは 深いところの方が 一度に釣れる引数が多かったようです。
釣果の良い場所は サメもわかっているようで 入れ食いのところでは サメも入れ食いで 船中8つも仕掛けを取られたボートもいました。

31日は仕掛けによって 悲喜こもごも あったようで、オッパイ針とか、角を使った人は 半分もかからず、布スッテの仕掛けが好調のようでした
地球岬から舟見町にかけての マガレイが好調です。
大きいのは40センチもあったそうで、水深30mラインで 良い型が20-30マイの釣果です










戻る