19年8月8日アグネス 登別沖 イカ まずまず

東経141度14分 水深142から156m 
右手に持っているのが 今日の竿頭のスッテ、今日は 1匹 から3匹くらいが 多かったのですが このスッテに掛かることが多かったです。下の仕掛けの 左側です。


左手のシャクリは イカの仕掛けの下につけて ひょっとしたら と 思ったのですが、タラは 居ませんでした。釣果は100匹くらいでしょうか。朝 市場で買った20キロのが役に立ってよかったです。それにしても 沖で食べる 冷やしラーメンは 格別ですね。
深いところで 水深150mともなると 巻き上げ時間が 長くて 、待っているのが 苦痛です。(笑) そこで もう1本竿を出して 交互に 巻き上げます。
一度 巻き上げたイカが 水面に 近づいたところに なにやら マスのような 青い50センチくらいの 青い 魚が 追いかけてきました。一瞬だったので はっきりは 見えませんでしたが おそらく ふくらぎ だろうと思い、さっそく 用意してあった電動ジギング竿セットにジグをつけて 2度ほど ベイト反応のある水深40mまで下ろして 振ってみましたが きませんでした。(2回しかやらないのでは 居ても かからないぞ という声が きこえそうですが、、、、(笑))
ジギングに使った 電動リール ダイワFB300

250と同じように 親指で 下げる 緑矢印のフリーラッチがついているのは同じですが、。250では ハンドルを回すか 下げたクラッチ板を上げないと 解除できませんでしたが、300には 赤い矢印の クラッチ補助突起がついていて 飛び出た突起を 押せば 解除されます。これが とても便利です。
ジギングの時は クラッチを下げて フリーで落とし さらに パワーレバーで さらに早く落とし カウンターをみていて 底に着くチョット前に パワーレバーを戻し 海底直前に 赤い矢印の突起を押し込んで ストップし、すぐに 右手でパワーレバーを使って 巻き込み開始 スピードを18-20くらいに セットして 竿を1-2m降り続け カウンターが20mくらい上がるまで 続けます。
20m上がったら 右手ででパワーレバーを戻し すぐクラッチレバーを左親指で押し込み ジグを落とします。 これを 繰り返します。
スピニングリールを使えない ジギング素人の私には これが 一番 楽にできるジギング釣法です。



7日 ひらめ70

雨の中 辛抱した結果 やっと 1枚です。いーい 写真ですねえ。



7日朝9時 Nさん朝イカ70匹 141度19分130m棚40m
Tさん、15分でも 好調とか


6日 イカ 14分 150m

台風で 出港できなかったアグネス しびれを切らして イカ釣りに行って来ました。
先週は22分とのことでしたが、ちかくの14分で始めたら ベタ底で ぼつぼつ



5日 あぶらこ 56.5センチ



海の男に 家族を守る知識をひとつ

クラブ会員の中にも 夏休みにキャンプに出かける家族も居るようですが、くれぐれも海の事故には気をつけてください。そこで こんな知識も 頭に入れて置いてください。

昨日も離岸流で 中学生2人が行方不明とか、、、、、海岸に 沖へ向かって流れる場所があるとのことで、以下の新川海岸の写真のように 10-20mのズレで ずいぶん違います。
詳しくは こちらの海保さんの ページをどうぞ
きちんと 実験して 確かめています。さすがですね
札幌のアメマス名人が 魚の釣れるポイントは 浜の形を見ればわかる と 昔 言っていましたが、この流れと関係があるのかな、、、、写真を見ると 離岸流のあるところの砂浜は広くなっていますね。こうゆうところで 海水浴したくなりますが、それが 危ない場所なんですね。



4日6時の現在位置です。どうやら 右に それたようですね。

先日の台風の時は 台風は室蘭の右側を通りましたから 良かったですが
 こんどは 直撃か 左側を 通りそうですね。
今日は 午後から 雨が晴れそうですから 台風準備をしましょうか  



2日 室蘭29.6度 昨日は 暑かったですねえ。

えとも岬の足下です。下まで 降りて 水際で遊びたい気分です。



2日 業務連絡:インペラ交換しました。

3枚の羽根が掛けていました。
このため、警報がなっていたんですね。



31日 夏休みは、、、、、

親子で 釣りはいかがですか?
室蘭八景の銀屏風などを 眺めながら ノーンビリ 釣りをしています。
親子でヒラメ釣り、大きいのは79センチ ありました。
近くを イルカウオッチングの船が 通ります。
鈴なりのお客様です。帰港したところに行くと 皆 感動した様子を話しながら 降りてきますよ。
   お問い合わせは こちら迄


函館には イカ釣り体験のできる船もありますよ。









戻る