夕刊に出ていましたよ。

先日の92センチです。お節介とは思いつつ、すぐ新聞社に電話して 来てもらったんですが、記事になるとまた 嬉しいですね。画像をクリックすると大きくなります。



20年7月26日 水の濁りも なんのその

大物を逃がしたというKon-chan、詳細はこちら


ぼつぼつブリの季節ですが、みなさん準備は良いですか?
7月20日に10.5キロが世別で揚がってます。詳細はこちら


21日 ひらめ85センチ

なんと 奥様が釣りました。
 初めてのボート釣りで 釣った魚が ひらめ85センチ。
ご主人が代わりに持って撮影ですが、ご主人のお顔はぼかさせていただききました。
でも、ご自分が あえて 釣らずに 奥様に釣らせるとは 釣り師の模範ですね。



業務連絡       :20日のイカ情報は、苫小牧沖まで行って調査してくれたイカ2匹というのがあります。
先週13日は141度15分で10数匹というTさんの情報と 141度10分でのマリーナのボートの調査記録があります。

20日 ひらめ好調

Fさん ヒラメは初めてなんですが、すごい、74センチありました。
Tさん、今日最大の80.5センチです。
アグネスで最大75センチのKmさん、今日は皆さん好調で、アグネス4、Kontya77センチ他1、Tbさん船中4本、Fさんが74他1、Muさん船中3、Tiさん1で最大がTaさんの80.5でした。
20日はお昼頃から好かったようです。ちょうど赤いところでしょうか。皆さん 釣れた時間帯を報告してくれると 参考になります。

魚の喰い気と汐の関係は 諸説あるようですが、室蘭の場合の傾向がわかると良いですね。
上げ3分という意味も 満潮前1,2時間の意味と 干潮後 汐の満ちはじめから1,2時間後のことを 言う場合があって まだ 理解できていませんが(笑)



20日 ひらめ釣りの風景

遠くにボートが多数、ふと 足元のがけ下を見ると 汐が引いて 一面の浅瀬です。
なにやら 動くものが、、、 よく見ると 小さなお子様連れのご家族が 潮干狩りです。



18日 ひらめ92センチ

先日、82センチを揚げたばかりのAkさん、あのとき秘密の場所で、超大物と格闘し、最後は糸を切られたとかで 今日は再挑戦でした。
朝5時から粘り、しばらく 潮が流れず、何も釣れないまま 昼頃 潮が動き出して やっと当たりがあったとか。水面まで 時間を掛けて 引き上げ 一度タモに入った直後 大きくジャンプして タモの外へ逃げてしまい水中へ、、、、、、、、、糸を切られてしまったかなと 思ったら なんとか 手応えがあって、また 巻き取りを始め やっと タモに納めたとか。。。。。。タモを持ってくれた相棒は 青ざめてしまったでしょうね。(笑)









戻る