23年5月17,18日 おそいGWをいただきました。

若葉あふれる函館五稜郭、タワーからの景色です。サクラは????
かすかに残っていたサクラが、
大きな松が見事です。函館奉行所の内部観覧料は500円、廊下を巡り、縁側に腰掛けて、庭の芝生と巨大な松を のんびり楽しみました、。
あちこちに、受付やガイドが居るのですが、これが当時の武士の姿をしていると雰囲気がいいのですが、残念です。高額が入館料ですから、是非 扮装していただきたい。奉行所の公式ページはこちら
次はボート、ヨット巡りです。
緑の島に、市民団体が設けた桟橋があります。中央の建物はホテルラビスタ函館
これも市民団体が市から許可をうけて設置した桟橋で格安です。
レンガ街、金森倉庫前にも、ヨットが係留しています。
すぐ向こうのホテルが 宿泊するラビスタ函館。先日テレビで津波の被害にあったというし、人気NO1と放送していたので予約しました。
レンガ街の中にあるので、観光の前に 午後3時 まずチェックインして、部屋で一休み。
部屋からの眺めです。
私の部屋は安いシングルのビジネスを頼んだのですが、空いているというので、ツインの部屋にしてくれました。
部屋の設計が驚きでした。30センチくらいの大きなコアガリがあって、その上にベッドがおいてあります。

和風の良さを取り入れた なんとも 広々とした感じで、快適です。
窓に背中を向けて 高さの低いイスに座り、足をコアガリの縁に置くと、姿勢がピッタリとフィットして、本を読むのに、最適なポジションです。
。大きな机があって、これがまた低くて使いやすい、コーヒーグラインンダーがあって、コーヒー豆があったので、ガリガリしてから、ドリップ。ポットのスイッチを入れると、たちまちお湯が沸きました。強力なポットで、セッカチな自分にはピッタシ。
家族は、廊下向かいの3人部屋で、一眠りのようなので、本でも読みますか
結局 夕方までは部屋でのんびりして、ブラリ外出、夜はお目当ての 函館の寿司

家族の人気は、回転寿司のおもしろさ
なんたって 流れてくる寿司と、職人との話がおもしろい、そして、寿司のひとつひとつにカバーついてる清潔さ、前回好評の五稜郭 貫太郎が 今回の旅行の目的です。

家族3人の部屋も おもしろい構造です。やはり、ベッドのある床が30センチほど高く、窓の手前迄 続いています。テレビもソフャも その床の上にあるので、和室の雰囲気です。3人目の布団は、テレビの下から出てきました。
窓側の床は一段下がって掘りコタツの雰囲気、座ってテーブルにお茶を置き外を眺めれます。こんな設計の部屋は初めてなので、みなさんにも一度は おすすめです。
ここのお風呂は13階にあり、夜景が見れます。大きなお風呂で詳しくはこちら
風呂あがりに着る半袖パジャマのような部屋着の下着もあって、それを持って お風呂に行きます。部屋着の上着もあって快適です。あまりの着心地の良さに、家でも使おうと 売店で買ってしまいました、(笑)

翌朝4時には、目がさめて、朝風呂。朝食までは部屋でコーヒー飲んだり、本を読んでノンビリ。
朝飯はバイキングでしたが、これがまた、絶品でおいしかったと家族には大好評、腹いっぱい食べて、チェックアウトの11時まで、部屋でごろごろしてました。

みなさんも家族サービスにいかがですか?
あまり高いホテルは 柄に合わず、あずましくないですが、一人8千円でこの快適さで有れば、大臣も許可するとか(笑)。今回は楽天 経由で、直接申し込むより安くあがりました。



15日 強風、出港したボートも 全船 戻りました。


戻る