191月11日は 船魂祭です

早朝の登別漁港、今日は全船休漁で これから 沖でパレードして 祭壇で船魂祭が行われるのでしょう。
年末は転覆事故で終わりましたが。今年の無事故を願いましょう。




10日 苫小牧 勇払マリーナが 指定管理者の公募を開始しました。

申請書の受付 平成19年1月10日(水)から平成19年1月24日(水)まで

詳細は 管理組合のホームページを御覧下さい。
とても 良くできたページで マリーナの全景が見られます。
ちなみに 勇払マリーナ指定管理者募集要項
       勇払マリーナ管理運営基準     

下の古い地元新聞の記事にあるように 心配されていた 安いBヤードの廃止が 現行継続となってホッとしたところですが、さらに 使いやすいマリーナになると良いですね。  どなたか 応募しませんか?
勇払マリーナ艇置き場「Bヤード」は存続 書かれているページ

 苫小牧港管理組合は、2006年度末の廃止方針を示していた海洋レジャー施設・勇払マリーナの割安な陸上艇置き場「Bヤード」の存続を決めた。港湾管理者の桜井苫小牧市長は19日の組合議会で、「利用者の利便性向上や経営改善が目的」とした上で「料金は検討したい」と述べ、利用料の値上げに含みを残した。
 勇払マリーナは02年度の供用開始以来、連続赤字を計上。港管理組合は道、市の両母体から収支改善を求められており、桜井市長は「本来は標準のAヤードのような利用形態で運営するのが望ましい」とした上で、Aヤードに48隻の空きがあるほか、8月の利用者アンケートで21人がBヤードの継続使用を希望するなど、存続要望が強い状況に配慮した。
 既存4種類の利用形態を維持することになったが、「利用料金は検討したい」と説明。「Bヤード料金の暫定措置は予定通り、5年間で終了する」と述べた。
 港管理組合は増収策として、海上係留施設やAヤードの増設も模索するが、「現時点で需要を満たせる状況にない」(桜井市長)ため、当面は指定管理者制度導入による運営も視野に黒字化に努める。
 勇払マリーナ陸上艇置き場のうち、艇の揚げ下ろしを自ら行うBヤードは募集枠いっぱいの80隻に達しているのに対し、クレーンで揚げ下ろしするAヤードは募集枠の4割程度。年間使用料が標準的な8メートル艇でAヤードが約25万円、Bヤードはその半額のためだ。港管理組合はオープン当初から07年3月でBヤードを廃止し、標準のAヤードに統一する方針を打ち出していた。


14日 波高いけど ます 3キロ

苫小牧 大吉丸の14日の画像です。詳しくは こちらへ
 静内芳栄丸も 出ましたが そうはち 30枚とか
14日 アグネスは 風が強く 出ませんでしたが、某遊漁船では 船中マス3匹だったとか。


そうはち は 何色が好きか?

14日 アグネスは 風が強く 出ませんでしたが、某遊漁船では 船中マス3匹だったとか。
風が強いと なにもすることの無いクラブメンバーは 一日 クラブハウスで ヒマつぶしです。皆が集まり コーヒーを飲みながら いろいろな話に 花が咲いていましたが 餌の色の話題もありました。

今 アグネスで研究製造しているのが このソウハチの餌。イカに色を付けて 塩漬けにし、秘伝のタレに漬けてから 重しを掛けて 水分を取り さらに 十分乾燥させてから さらに秘伝の粉をまぶして できあがりです。
それを 100gずつ 真空パックに して 船に積んでおきますと 何日経っても いつでも使えます。乾燥しているので 指に色が着かないし つかみやすい。適当に堅いので 針に刺しても 破けないし なかなか 外れて落ちません。

いまのところ アグネス専用でお分けしていますが、ほかからも 欲しいという声がして 只今検討中です。これから 写真の様に いろいろな色で 研究を重ねますが 100グラムの中に100ケ以上入っているし、自分で作る手間を考えると 500円くらいにしてくれれば 安いくらいだと Aさんが 言っていましたよー。



13日の室蘭某遊漁船のソウハチは いまいちで スケソ釣りになったとか。
ソウハチはまだ 静内にいるのでしょうか。13日の静内芳栄丸です 掲示板もおもしろいです。
年末の静内ハルカの情報と他の静内の沖ソーハチの情報です。 

言い訳:(笑)

12日 地元新聞釣り蘭で左の写真が載せられていました。
スケソを踏みつぶしていると誤解している方も居るようですが(笑)
 決して 踏んではおりません。スケソに埋まっているのです。

釣り上げた魚は おいしく食べて供養し、頭、内臓も なるべく カモメに還元し 自然に戻しています。


戻る