平成23年7月26日夏休み 頂きました

ブリと言いたいのですが、4,5キロのワラサクラス、どう計っても、大きくて80センチでした。
朝5時、江差マリーナを出港
途中、ナブラが沸いていますが、これはフクラギとか、
最初の大崎では、潮が3段潮とかで悪く、結局原口まで遠征、さすがに反応が良く、漁師さんのボンデン流し漁でも、ボンデンがバタバタしているのが見られ、魚は多いようです。
これは2本のジグを 喰っていたもの、
2人同時にヒットすることが多かったです。
というか、1匹が掛かると、
寄ってくるのでしょうか
これはジグを丸飲みしていたもの
仕掛けはこんな感じ、あれ、リールにコードが付いていますね。(笑)
実は、当初のタックルは、Saltiga hiramasa54sにZ4500という手巻きだったんですが、体力の衰えは遺憾とのしがたく、結局はヒモツキで竿を振ることになりました。
あの海域に、10隻ほどのボートが居ましたが、おそらく邪道は私一人、耳障りなモーター音をさせて、すいませんでした。
スイベルの根本はこんな感じ、フックとジグはつながっておらず、3方チーズのような関係、このため、フックには、リングを使わず、溶接リングなので、どんな大物でも、リングが のびる心配がありません。
そして、簡単に、ジグの交換ができます。
自分の楽しみは、いろいろな仕掛けを試すこと(笑)。。。。。あちこちで、手に入れたお気に入りのジグを試しましたが、最後に使った手作りのアワビ張りが最高でした。(上から3つめ)
なにしろ、60mに着底してから10m巻き上げて また、すぐ落とすという動作を繰り返すんですが、最初の再落としから、落ちていかない。
おかしいと思って巻き上げると魚が掛かっているということが、3度連続、他のジグでは、このような係り方は無かったので、このジグ特有の現象でした。
以前、お客様に、マス用にと、頂いたものですが、サスガです。大事に使いましょう。

江差からの帰りは、仮眠も入れて3時間、あまりの釣果に、帰り道の近くのメンバーに1本ずつ届けて、暗くなる頃 自宅につきました。届けれなかった皆様にはすいませんが、前日の準備で寝ておらず、帰るのが精一杯でした。
魚はブリよりも 〆ブリがうまい ワラサクラス、楽しみですね。


作り方は 刺身のサクに 塩まぶし 1時間で〆て、洗い流し その後 昆布に はさめて 寿司酢に一晩漬けると出来上がりです。
断面を見ると 表面から 1,2ミリ 白い 塩漬けの層があり、それより 内側は 刺身です。
以前 塩漬けの時間を 間違えたときは この白い層が 5ミリくらいになり、しょっぱくて ダメでした。
〆ブリのコツは「上等の寿司酢と塩かげん」 とのことです。


〆ブリのレシピはこちら。



小樽で 北前船 見てきました。

青森で復元した船です。夕方に付いたので、船内公開は終了していました。
大きな舵がついています。高田屋嘉平の世界ですね。





戻る