平成21年9月27日 イカ釣りで 船酔い

今日は、イカ大漁ですが、波が高くて、たいへん。
そんな中で、隣の ボートは オートスパンカーオートスパンカーが効いて ピッタリ止まっています。
見ているだけで、船酔い しそうです。

そのほかの情報:

Hさんは、長万部遠征で まがれい大漁です。

Mさんは、サバを捜して、増市沖50mで反応発見し、棚20mあたりをメタルジグを曳いていたら 大きな浮きソーハチが掛かったそうです。

Iさんは、マガレイ釣りに、崎守 白防波堤根本に行ったら、水深10mで一面 サケが跳ねていて、ボートの回りでも 跳ね続けたが、サケルアー、浮きルアーには 掛からなかったとか。




27日 朝の出港ラッシュ

朝5時の画像です。只今 10隻が並んでいて、1時間待ちです。
天気の良い日は、夜明けとともに 出港するので、こうなります。
進水に1隻10分かかるとして、100分、、、、あーあ、イカが居なくなるよー。
暗いうちに出港して すでに、東経141度13分に 着いた船の情報では、天気良好だそうです

朝6時現在、アグネス東経141度13分水深100mで入れ食い中、
ちなみに北緯42度10分で ほぼ地球岬から コンパス120度の方向です。。

他の船も、141度13分から16分に展開しています。



27日流れ網 回収しました。

後記29日:
網の処分を 海上保安部に 相談したら、室蘭市に連絡を取ってくれて、環境ナントカの係りの人が、トラックで回収に来てくれました。皆さんも 見つけたら、回収して、届けてくださいね。
これが、イカ場所で 浮いて流れていた網です。
色が同じで わかりずらいですが、ちょっと海面がざわついていたので、わかったとか。
アグネスが発見し、他のボートが絡んでは大変と 回収して帰港しました。

なんの網でしょうか? 昼でも わかりずらいのに、夜で在れば、完全にプロペラ やシャフトに絡んで航行不能になってしまいます。アグネスのお客様には、迷惑でしたでしょうが、回収にご協力ありがとうございます。


ところで、明日は、燃えるゴミの日ですが、はたして、持っていってくれると思いますか?





防犯カメラ設置しました。

絵鞆マリン倶楽部(会員90名)では、このたび、絵鞆船だまり、マリーナの盗難防止、ガソリンドロによる火災事故、不審者対策のために、高性能防犯カメラを導入しました。

上の写真は、午後6時半の絵鞆船だまりの状況ですが、外は真っ暗なのに、同じ時間で、以下の画像が見れます。
上はKさんが、暗くなるまで、釣りをして、帰港し、ボートを洗い終わって 帰るところです。
詳しいシステムはわかりませんが、なぜか、夜でも このように見えます。写真は動いているところなので ブレテ良くわかりませんが、さらに、ズームアップでき、、鮮明に写真を撮ることもできます。。
ズームの能力はさらに 、マリーナ桟橋向こう側に係留しているAさんのボートの上を歩く人もわかります。カメラは自宅から捜査して、上下左右360度回転でき、縮小拡大して船だまりの桟橋の上の 人の顔もわかりますし、全速で入港するボートの写真を撮ることもできます。(笑)。

素晴らしいのは、このカメラ映像を自宅から自由に24時間いつでも自分の見たい方向へ上下120度、左右360度の旋回と20倍ズーム機能を有していますので, 自分のボートを監視する事ができる上に 動くものを発見した場合、その映像を自動で動画記録できるなど、優れた監視の能力も持っています。

クラブでは、担当希望者十数名にチェック業務を依頼し、自宅から、24時間交代で、カメラを見ることで、防犯体制を完全なものにしました。 また、プライバシーの問題もありますので, 閲覧者は個別のIDとパスワードを貸与していますので 当クラブ員で、登録している人のみが閲覧する事ができます。

したがって、IDとパスワードを他人に教えた場合は管理者に探知されますので、そのような事のないように お願いします。さらに、カメラで見たことは、第三者に 漏らしてはいけない規定としてますので、自覚と責任をもって 防犯業務にあたっていただきたいと思います。

防犯カメラがあることが、一般に周知され、盗難事故、火災事故等が防止されることを期待して、防犯カメラ設置のお知らせでした。


PS:先日、電動リールダイワ500付きの竿を忘れた方から、連絡がありました。どなたか、拾った方はお知らせ下さい。。また、カードを抜き忘れた方もいますので、届けていただくと うれしいです。
運悪く、カードを無くされた方は、港湾部に紛失届け出を出すと、無料で再交付されるということです。
 




マグロ トローリング は禁止

青森で、レジャボートによるマグロ釣りが行われていますが、トローリング漁法をするボートが漁協、海保で問題になっているようです。
このままでは、レジャーボートによるマグロ釣り禁止の恐れもあり、心配です


こちらのブログ
に その説明がありますので、ご覧下さい。




戻る