平成23年3月6日 日曜  横浜ボートショー 行って来ました

富士山が見えました。千葉上空です、日曜で、遊漁船がいっぱい出ています。
これがヤマハの新型20FT SR-X
幅2.28 長さ 6.25 エンジンはプレゼ艇は70ですが、販売時にはF115くらいかなちなみに、デモ艇なので、価格は決まっていませんが、おそらく200万以上は、、、、、。
ハードトップをどうやって付けているのか、興味がありましたが、FRP性の頑固なもので、下のイスは標準装備で、上はオプションかな。
釣りタレントがデモをしていました、どっかで見たことあるような....この子かな。釣りロマンTVです。
アグネスと同じUF29の新型です。
後ろが広くなった
これがエキサイターの新型 ジェット推進艇 24FTもう、会場ですぐ売れているそうです。
FC27の新型 のヂーゼル艇です。これも中で、契約書を書いている人がいました。
YF23の廉価版 新型
屋根が小さくなっただけのような。
屋外には 大型艇が展示、ヤマハEXalt 36で、ボルボの新ドライブが売りです。これも売れているそうで、お客様の好みの色なんでしょうね。
進行方向は右 取付部は円形で28度回転します。左右2基で、船は360度 自由自在に動きます。
微妙な運転は 矢印のジョイステックで操作します。左に傾けると 船は左に寄っていき、倒さずに回すと船は 360度旋回します。
一階にも 運転席があって、やはり、ジョイステックが付いています。
後部デッキで釣りをする人は、リモコン代わりに、このジョイステックを増設します。さらに、別GPS装置を組み込んだ自動操縦がオプションであり、釣りポイントに止まり続ける時とか、ボタンをオスだけで、その位置、その向きでピタリと止まるそうです。接岸時でも、 桟橋に止まったままでいることができ、それからロープを結ぶとか、できるとのボルボの説明でした。。
好いもんでしょう。。。価格ですか?、それは聞かない方が、、、、、、、、。(笑)
釣りにピッタリの装置ですから、船をフィッシング仕様にすると おもしろいでしようね。




ボートショー おもしろグッズ

ホンデックスで見たマルチセンサー漁探。センサーを中央の他に、左右にも付けて、周りの様子を見ます。右にソウハチの群が現れると、そちらに船を向けると、群の上に行けるという使い方です。
魚探の後ろの壁に説明図が貼ってあります。
センサーを3カ所取付ます。
今回1番の獲物、イカ角ランチャーです。ロッドホルダーのベースに付けます。新発売で在庫が無く、買って来れませんでした。確か5200円と言ったような、でも安すぎるような気もするから 間違いかな?。磁石が無いというので、仕掛けを落とす時は 少し 傾けるのかな。6本だと、私がいつも使っている仕掛けの数です。
YF23なんかに使えるテスリというか、ロッドホルダーの台です。高さが高くなって、使いやすいかも、
ゴムボートのブヨブヨ感を解消した、FRPボートとゴムボートのハイブリット。
FRPボートが小さいので、収納組み立て 運搬が楽ですし、安定性確保のためには、ゴムの浮力が安心です。この位だと、ゴム部分の収納も簡単そうですね。スズキさんのブースでした。



ボートショー会場でもらったパンフです。

注:まだ発売には なっていません。参考出品です。。。。。。。予約は受け付けますが、(笑)
開発技術者の説明サイトはこちら





戻る